【就活電話】電話対応まとめ! 基本マナーとシーン別の対応

【就活電話】電話対応まとめ! 基本マナーとシーン別の対応

2019/05/22

就活の基礎知識

関連キーワード:

就活中は電話で企業とやり取りをする機会が増えてきますよね。慣れない電話でのコミュニケーションに、最初は戸惑ってしまうことも多いかもしれません。電話への苦手意識や不安を解消するために、今回は電話の基本マナーから状況ごとの対応方法、細やかな疑問の解決策までご紹介していきます。

【就活電話】電話対応まとめ! 基本マナーとシーン別の対応

就活での電話の基本

まずは基本的なマナーの説明をしていきます。電話のマナーは入社後にも生かせるビジネスマナーの一つですので、社会人になる前にきちんと身に付けておくといいですよ。

○【電話のマナー】企業へ電話をするときの基本マナー
○【例文つき】就活中の電話のかけ方を解説
○【例文つき】就活の電話対応のポイントを紹介
○【例文つき】説明会や会社見学のアポを取りたい!電話対応を解説
○企業への電話はいつするべき? 時間帯やタイミングには気を付けよう!

状況別・電話をかけるときのポイント

一口に電話をかけるといっても、就活中はいろいろな状況がありますよね。とくに選考のキャンセルや日程変更を申し出るようなときは、企業に対して失礼のないように伝えるにはどうすればいいのか悩んでしまうかもしれません。急な対応にも答えられるように、状況別の対応方法を紹介していきます。

電話を折り返すとき

不在着信があった場合、慌ててかけ直すさずに準備を整えておくことが重要です。伝達事項を忘れないためのメモの用意や、周囲の環境の確認などをして、落ち着いて対応できるようにしておきましょう。

○就活中に電話に出られなかったときの折り返し電話の流れ

キャンセルや日程変更をするとき

就活中には説明会や面接に急遽行けなくなってしまうこともあります。当日にキャンセルや日程の変更をする際は、早めに対応しないと面接の準備を進めてしまうなど、企業側に迷惑がかかってしまいますので、すぐに企業へ電話をしましょう。日にちに余裕があればメールでの連絡でも大丈夫ですので、それぞれの対応法を知っておきましょう。

○【例文つき】説明会をキャンセルしたい!電話対応の仕方
○【例文つき】就活の日程を変更したい! 企業への連絡方法

状況別・電話を受けるときのポイント

選考結果は電話で連絡がくるケースもあります。電話をかけるときと同様、受ける際のマナーもとても重要です。突然企業から電話がかかってきても落ち着いて対応できるように、状況ごとの対応方法を紹介します。

選考結果の電話を受けるとき

電話を受ける際は、かける際と同様に、周辺の環境やメモなどの筆記用具を用意しておく、といった点に気をつけて事前準備をしましょう。また、電話を受けるときは名乗り方にも注意が必要です。
選考結果についての電話は、突然かかってくるので動揺してしまうかもしれませんが、どんな状況でも落ち着いて、スムーズに対応できるようにしましょう。

○【例文つき】就活中、企業からの結果連絡への電話対応
○状況別に対応! 内定通知の電話の受け答え方

電話に出られないとき

アルバイト中であったり他企業の採用試験中であったりと、就活中はどうしても電話に出られない状況があると思います。着信履歴が残っていたときは、どこの企業からの電話か確認してから対応するとスムーズに話が進みます。留守番電話にメッセージがあれば、速やかに確認しましょう。
できれば当日の日中に、遅くとも翌日までには折り返すようにしましょう。

○【就活】状況別こんな場所で電話が来たら!対応方法を紹介

電話に関する疑問や悩みを解決

電話で話すことに対して「嫌だな」「上手くできない」と悩んでいませんか? また、選考への影響やかけるタイミング、受けるときの対応などに悩みがある人も多いのではないでしょうか。そんな電話連絡への疑問や悩みを解消する方法を紹介していきます。

電話対応は選考に影響する?

不慣れな電話対応をするのは、選考に影響がないか不安に感じてしまうかもしれませんが、基本的なマナーを守れていれば悪い印象を与えてしまうことはありません。具体的にどのような点に気をつけるべきか、注意すべきポイントを理解して、余裕を持って対応ができるようにしておきましょう。

○電話対応は選考に影響する?疑問を解決

メールか電話の判断

説明会や面接の日程変更やキャンセルを希望をするときなどは、状況によって連絡手段を選びましょう。急な事情で当日にキャンセルしなければならないときや、電車の影響で到着が遅れてしまう場合は、すぐに企業へ電話で連絡する必要があります。反対に、日にちに余裕があればメールでの連絡で大丈夫です。

○【就活】メールか電話どちらで連絡すべき?状況別の判断

しつこい電話への対処法

活動が本格化すると企業から電話がかかってくることも増えるでしょう。そんな中自分の活動とは関係のない連絡が多いと困りますよね。エントリーをしていない企業からの連絡や、説明会をキャンセルしたのに繰り返し参加を勧めてくる企業など、何度もかかってくるしつこい電話への対処方法についてご紹介します。

○【就活トラブル】しつこい電話への対応方法

電話の苦手意識を克服

就活中に電話で話す相手は、合否を判断する立場にいる採用担当者。緊張してしまうのは当然です。また言葉遣いや電話独特のテンポなど、社会人との電話経験の少なさが苦手意識を生む原因になることもあるでしょう。「緊張」や「社会人との電話経験の不足」、そんな苦手意識を持ってしまったときにどうすればよいのか、対策をご紹介します。

○【就活の悩み】電話が苦手な人へ、対策を紹介!

知らない番号や非通知からかかってきたら?

就活中は、企業から知らない固定電話や携帯番号での着信に加え、非通知でかかってくる可能性もあります。特に非通知の電話に関しては、拒否をしていたり着信をそのまま放置したりと最初から対応しない大学生も少なからずいるため、電話に出ないことによって不利益を被らないよう注意しましょう。

○【就活】種類別! 電話対応方法まとめ

その他の悩みには

就活中に電話をする場面では、予測していなかったようなこともたびたび起こることでしょう。万が一のときに焦らないよう、電話についてのさまざまなQ&Aをまとめましたので参考にしてみてください。

○就活×電話のQ&Aよくある疑問を解決

まとめ

電話の対応についてまとめてご紹介しました。今回ご紹介した内容をしっかり身につけておけば、困ることは少ないはずです。電話は急な対応を求められますので、あらかじめマナーや準備のポイントを知っておき、丁寧な対応ができるようにしておきましょう。

(学生の窓口編集部)

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ