「社交性」「協調性」「向上心」がNGワードと言われる理由【企業サイドから見る「自己分析」19】

「社交性」「協調性」「向上心」がNGワードと言われる理由【企業サイドから見る「自己分析」19】

2015/04/24

就活hack

自己分析入門

自己PRでは、自分の本質と売りを、的確に企業に伝えることが必要なのですが、困ったことに、一つの不安材料が出てきます。それは「NGワード」です。面接で自己PRをする際に、使ってはいけないキーワードが存在する、というウワサ。たとえば、 「社交性がある」「協調性がある」「向上心がある」というキーワードです。でも安心してください。これらはすべて、NGワードではありません。使っても問題ありません。ですが、気をつけなければならないことがあります。今回はこれらを使う際に注意するべきポイントを解説します。

▼自分に合った自己PRが見つかる!


■初対面の人との会話で考えてみる

普段の生活、例えば、飲み会やサークルで、新たに出会った人と話をしていく中で、「この人は性格的に合うなあ」とか、「この人はちょっと苦手だな」と感じることがあると思います。

外見の好き嫌い、知性レベルの好き嫌い、性格の好き嫌い、しゃべり方の好き嫌い等は、知らず知らずのうちに判断していると思います。例えば女性が、初めて会った男性と話をしてる際「俺って社交的なんだよねえ」というその言葉だけで、今まで積み上がった印象や、判断が一気に崩れて嫌いになる、ということはほぼないと思います。

「社交的」という言葉をキッカケに、嫌いになったとするならば、 前段階で、何か不快感や違和感を抱く相手の言動があったはずです。

そういった言動があったうえで「社交的」という言葉を使うから、

「え? 今まで、さんざん好き放題しゃべってるし、ちょっとこっちが意見すると、ムッとしたのがすぐ顔に出るし、こっちの気持ちも全然理解してくれないし、どこが!?」

という状況になるはずなんです。

同じことが、採用面接の場でも起こります。

学生が「社交性があるんです!」と自己PRをして、 実際になぜそう思うのかを尋ねてみると、まったく社交的なことにつながらない、ということが。

■自己PRの信憑性

面接官は「求める人物像にできるだけマッチする学生を採ろう!」という思いで面接に臨み、「求める人物像か否か」を判断するために、学生の自己PRを聞きます。

たくさんの学生と面接をするので「積極性」「リーダーシップ」「社交性」「協調性」など、あらゆるキーワードを、ごく普通に聞いているんです。

そして、 キーワードの信憑性を色んな角度から、質問というカタチで確認します。

キーワードに関するエピソードを聞いて、興味を持ったことや、違和感を抱いたことを確認したうえで、「これは間違いなく社交性があるな」とか「全然違うな」というジャッジをしていくのです。

ではなぜ、「社交性」や「協調性」というキーワードが「NGワード」と言わているのか。

次のページキーワードは●●次第

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ