車とバイクがセットでお得に! 自動車保険のバイク特約とは?メリット・デメリットを解説

編集部:ろみ
2020/10/12
車のある生活
あとで読む

若い年齢でバイクの任意保険に加入した際、保険料の高さが問題となります。ここでは費用を抑える方法として、自動車保険のバイク特約について解説します。補償内容や特徴を掴んで、任意保険に加入するための検討材料にしてください。

自動車保険のバイク特約とは?

自動車保険のバイク特約とは、自動車を所有している場合、その家族がバイクによって起こした事故も補償対象となるというものです。保険会社によっては、「ファミリーバイク特約」という言い方をすることもあります。
補償は自分のバイクだけでなく、他の人のバイクを運転していた場合も適用されます。1人にこの特約をつけると家族内全員に適用されるため、他に家族の中でバイクを運転する人がいる場合、保険料はお得になります。実際の金額面でも、バイク特約は年間の自動車保険料に1万円ほど上乗せされる程度です。単体でバイク保険に加入した場合、この金額で賄うことはできません。保険料を抑えてバイクに乗りたいという場合、自動車保険にバイク特約を付加することは、非常に有効的な方法と言えるでしょう。

バイク特約のメリット・デメリット

コストを安く抑えることができるバイク特約ですが、メリットとデメリットがあります。

バイク特約のメリット

メリットは補償対象の広さです。前述のように自動車保険の契約者の同居の家族、および別居の未婚の子どもであれば、所有するバイクの全てが対象となるため、実家で暮らしている人や結婚をしている人にはとても有効です。

またバイクで事故を起こして補償を受けても、ノーカウント事故としてみなされます。これにより、自動車保険の等級には影響を与えることがないというのもメリットです。そして気軽に補償の申請ができるということもメリットといえるでしょう。

バイク特約のデメリット

一方でデメリットは、排気量による制限があることです。バイク特約は125ccまでの二輪車が対象となります。126cc以上のバイクは特約の対象とならないため、単独のバイク保険に加入する必要があります。また基本的にバイク特約の対象となるのは、対人賠償責任と対物賠償責任における補償です。保険会社によって違いはありますが、人身傷害による事故や自損事故、ロードサービスなどは別途オプションをつけなければならない場合があるので注意しましょう。そしてバイク特約は自動車保険に付加するものなので、その保険を解約すると自動的に特約も消滅してしまいます。
特約という性質上、単独の保険よりも限定的な部分があるため、補償内容や範囲を理解したうえで契約を進めることが大切です。

まとめ

特約を付けることで、単独のバイク保険よりも費用を抑えて補償を受けることができます。
しかし特約という性質上、手厚いサポートが難しいという側面もあります。オプションをつけるなど、自分に合った保険プランを考えてみるといいでしょう。

初めての車探し"を応援する『モテカー』はこちら >>

(学生の窓口編集部)


監修協力:鈴木幸子

2010年よりFP活動を始め、子育てファミリーの家計相談、住宅購入相談を実施。フジテレビ「Live News it!」でコメンテーターを務めるなど、地元金融機関、住宅メーカーでの講演実績を持つ。保有資格AFP・証券外務員2種・相続診断士。

https://www.gyl-h.com/

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催