エントリーシートはいつから作成すればいい? 提出時期は?

エントリーシートはいつから作成すればいい? 提出時期は?

2018/06/29

自己分析

企業の採用選考への申込用紙となる「エントリーシート」はいつから準備を始めればいいのでしょうか。就活では避けては通れないものですが、提出時期ぎりぎりに準備を始めていてはエントリーシートの質も落ちてしまいます。エントリーの開始時期をあらかじめ把握して、余裕をもってエントリーシートを作成することが就活をスムーズに進めるうえで大切です。今回は「エントリーシートを準備するタイミング」について、いつから準備をすればいいか、提出時期はいつなのかを解説します。​

エントリーシートはいつから作成すればいい

▼こちらもチェック!
履歴書・エントリーシートの「趣味・特技」欄の書き方【例文つき】

エントリー開始時期はいつ?

2019年度卒の就活スケジュールでは、2018年3月にエントリーが始まりました。来年度もこのスケジュールで進行するのならば、同じように3月にエントリー開始となるでしょう。

エントリーが始まると、就活生たちは興味のある企業へエントリーをします。その後、エントリーした企業の中から「入社したい」と思った企業にエントリーシートを送ることになります。2019年度スケジュールでは、エントリーシートの提出期間は4年生の4月-5月になっています。つまり、エントリーシートの準備はこのときまでに行う必要がある、ということです。

具体的な締め切りはいつ?

エントリーシートの提出期間は4年生の4月-5月ですが、より具体的な提出期限は企業ごとに定められています。例えば締め切りが4月1日の企業もあれば、5月後半の企業もあります。ですので、実際にエントリーシートを作成するタイミングは、志望企業の締め切り次第になります。

できれば避けるべきですが、エントリーシートの作成は締め切りに間に合うのならばぎりぎりでも大丈夫でしょう。しかし「エントリーシートを作成するための準備」はそれでは間に合いません。もっと早い段階から入念に進めておく必要があります。

エントリーシート作成の準備を始めるタイミングは?

エントリーシートの中で最も重要なポイントは、

・自己PR
・志望動機

の二つです。これらは採用する側が「志望者がどんな人間なのか」を判断する重要なポイント。例えば「自己PR」を書く場合に大事なポイントとして、

・最初に長所(結論)を書く
・その長所がどのようなことで身に付いたものなのかを書く
・その長所が大学でどのように役立ったのかを書く
・その長所が企業でどのように生かせるかを書く

といったことが挙げられています。また志望動機では、

・なぜその企業に入りたいのか具体的に書けているか
・志望動機がその企業にマッチしたものになっているか
・その企業に入りたいという熱意が伝わる内容になっているか
・入社後にどうしたいのか将来像が書けているか

などが「おろそかにしてはいけない部分」です。こうした大事なポイントを踏まえて、より説得力のある内容にするには、時間をかけて自己分析や企業分析をする必要があります。自己分析も企業分析も一朝一夕でできるものではないので、就活が始まるかなり前から始めておかないと間に合いません。

特に企業分析はどれだけ時間をかけても十分ということはありませんから、例えば企業インターンの始まる「3年生の夏よりも前」から始めるのが理想です。

以下のページで2019年卒の就活スケジュールが記載されています。就活のスケジュールがどうなっているのか十分に把握して、できるだけ早い段階から準備を始められるようにしましょう。

▼2019卒の就活スケジュールは? まず知っておきたい就活の始め方
https://gakumado.mynavi.jp/style/articles/51934

また、エントリーシートを作成するための要素を整理するには「就活ノート」の作成が必要不可欠です。『マイナビ学生の窓口』では、特製の「テンプレートシート」を公開していますので、ぜひ活用してみてください。

自己PR作成テンプレ

(中田ボンベ@dcp)

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ