商社とは? 総合商社と専門商社の違いは? 仕組みと仕事内容を知ろう

商社とは? 総合商社と専門商社の違いは? 仕組みと仕事内容を知ろう

2018/07/30

就活hack

商社とは、輸出入貿易や日本国内での物資の販売を業務の中心として執り行う、商業を営む会社です。幕末期に活躍した「小栗忠順」という人が、英語の「company」を商社と訳したのが始まりという説もあります。

商社は、幅広い商品やサービスを取り扱っている「総合商社」と、ある特定の分野に特化した「専門商社」に分けられます。総合商社はビジネスの規模が大きく、扱う商品も「インスタントラーメンからミサイルまで」と例えられるほど多岐にわたります。

ちなみに、現在一般的に総合商社と呼ばれているのは『三菱商事』『伊藤忠商事』『丸紅』『三井物産』『住友商事』『豊田通商』『双日』の7社です。海外にも大きな商社はあるのですが、資源や穀物といった特定分野を扱っており、総合商社という形態を取っているのは日本特有です。

商社とは? 総合商社と専門商社の違いは? 仕組みと仕事内容を知ろう

みなさんの中には将来商社への就職を考えているという大学生のみなさんも多いでしょう。新聞や雑誌、あるいはテレビなどでよく耳にする商社という業種。商社で働いている人を一般に「商社マン」などといいますね。では、実際商社に入社したらどんな仕事をすることになるのでしょうか。ここでは、商社に興味がある方に向けて、実際の商社の仕事内容や使われる用語を紹介します。

▼こちらもチェック!
【例文つき!】商社の志望動機の書き方と内定をゲットするコツまとめ

■商社とは、どんな会社?

商社とは、輸出入貿易や日本国内での物資の販売を業務の中心として執り行う、商業を営む会社です。幕末期に活躍した「小栗忠順」という人が、英語の「company」を商社と訳したのが始まりという説もあります。

商社とは、幅広い商品やサービスを取り扱っている「総合商社」と、ある特定の分野に特化した「専門商社」に分けられます。総合商社はビジネスの規模が大きく、扱う商品も「インスタントラーメンからミサイルまで」と例えられるほど多岐にわたります。

ちなみに、現在一般的に総合商社と呼ばれているのは『三菱商事』『伊藤忠商事』『丸紅』『三井物産』『住友商事』『豊田通商』『双日』の7社です。海外にも大きな商社はあるのですが、資源や穀物といった特定分野を扱っており、総合商社とは日本特有の形態です。

■商社でやっている仕事は?

商社の基本となるのは、多くの商品を取り扱う卸売業です。例えば家電メーカー、食品メーカーは自社の商品を生産しますが、一般家庭の消費者に直接商品を販売することは得意ではありません。消費者はメーカーではなく、小売店から商品を購入します。

そこで登場するのが商社です。商社は、メーカーと小売店の間に入り、流通の手助けをしているのです。具体的にはメーカーから大量の商品を買い取り、小売店には注文があった分の商品を卸します。商社は、メーカーと小売店の間のクッションのような役割を果たしているのです。

もう一つ商社の仕事として大きいのが、輸出入に関する業務です。日本は鉱物や化石燃料の資源が乏しいため、海外からの輸入に頼っています。商社は原材料を海外から輸入し、国内の製造業に販売します。それを製造業が加工してできた工業製品などを、今度は外国で販売するのです。商社の営業担当者は海外を飛び回り、いろいろなものを買い付け、同時に日本で作ったものを売り込むという商売を行っています。

また、商社では企業に対しての融資、投資も行います。本来、メーカーが生産した商品を消費者が購入して、メーカーは代金を受け取ります。つまり、商品が売れなければお金は入ってこないので、次の商品を生産する材料を購入するなど、会社を運営していくことができません。

しかし、商社が間に入ってメーカーから商品を購入すると、それによって資金を融通することができます。実際には消費者が商品を購入していなくても、メーカーは運転資金を調達できるというわけです。これ以外にも原材料費や設備投資のための融資も行います。

▼総合商社の仕事についてもっと知りたい方はこちら!
総合商社とは? 仕組みと特徴を知ろう

■商社で使う業界用語

毎年多くの就活生がエントリーする人気業界の商社。ライバルに差をつけるためには、商社とは? という基本的な業務内容の理解はもちろん、商社で実際に使われている用語も事前に知っておくといいでしょう。そこで今回は商社でよく使われる用語をいくつかご紹介します。

●商社でよく使われる用語1:アタッチ

添付する、という意味です。メールに必要な資料やデータを添付するときなどに使います。

●商社でよく使われる用語2:コーポレート・ガバナンス

日本語でいうと「企業統治」です。企業が不正行為を行わないよう、経営陣や経営そのものを監視する仕組みのことです。

●商社でよく使われる用語3:ドラフト

書類などの下書きのことを指します。「ドラフトを上げる」という場合には、下書きの段階で一度見せるという意味になります。よく使われているのは契約書の下書きです。ドラフトを書き、内容を確認して問題がなければ、契約書の原本を作成します。

●商社でよく使われる用語4:ネゴる

「交渉する」という意味の英語「negotiation」を日本語の動詞に変換した言葉です。意味はそのまま交渉するということです。

●商社でよく使われる用語5:リスケ

これは商社以外でもビジネスの場ではよく使われる言葉で、スケジュールを組み直すという意味です。会議の日程変更などに使います。

●商社でよく使われる用語6:CSR

「Corporate Social Responsibility」という英語の頭文字を取った言葉で「企業の社会的責任」という意味です。企業が負うべき責任の対象を、利害関係のある人や地域社会にまで広げた考え方です。

商社を目指す方は、商社とは何かはもちろん、このような商社でよく使われる用語も知っておくとのちのち役に立つかもしれませんよ。商社は、仕事のスケールが大きい分、責任やプレッシャーも大きいと言えます。給与の水準もほかの業種と比較すると高く、向上心の高い人にはおすすめの仕事です。
商社を目指す大学生のみなさんは、商社の選考で高評価を得るために、志望動機の書き方をチェックしてみましょう。同じ商社でも、総合商社と専門商社では、選考でチェックされるポイントも違ってくるので、ぜひあらかじめ対策を考えておきたいですね。

▼商社に就職したい就活生はこちらの記事もチェック!
【例文つき!】商社の志望動機の書き方と内定をゲットするコツまとめ

商社とはどんな会社なのか、どんな業務を行っているのかについてご紹介しました。商社は昔から人気のある就職先です。とはいえ、人気の業界である分、実際に商社に就職してどんな仕事をしたいのかなど、しっかり考えてから門をたたくのがいいでしょう。その際には今回ご紹介したような商社で実際に使われる用語もぜひ覚えておいてください。

(藤野晶@dcp)

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ