本命以外の企業でも、最終面接で入社の意志を見せるべきか?

本命以外の企業でも、最終面接で入社の意志を見せるべきか?

2015/04/29

企業研究

就活の悩み・疑問

面接

関連キーワード:

就活生の皆さんの疑問・質問を解消するため、Q&A方式でさまざまな就活の悩みにお答えします。今回は、「最終面接で、絶対に入社したい企業ではない場合でも入社意志を見せるべきか? と、『最後に何か質問はありますか』ではどんな質問をすべきか?」という相談です。


<就活生からの質問>

1次面接を終えました。次が最終面接です。面接官から「もし内定を出したら入社してもらえるかな?」と質問をされました。私は「ハイ、もちろんです」と答えました。絶対に行きたい企業であればそのように答えますが、絶対という訳ではないが行きたい企業の場合、どのように答えるべきでしょうか。入社の意志を見せるべきなのでしょうか? また、「最後に質問がありますか」と問われた時に、どんな質問をすべきでしょう。「次回の面接で聞くので質問を用意してくるように!」と言われました。よろしくお願いします。


<就活の真実 事務局からの回答>

入社の意志は見せるべきです。また、面接最後の質問では前向きな質問が良いと思います


入社することに対して迷っている場合でも、入社の意志は伝えた方が良いでしょう。そのうえで、正直に迷っている旨と理由を述べても良いと思います。ただし、迷っている理由に納得感を与えることができなければ、「なぜ当社を受けたのか?」との誤解を招きかねません。迷っている企業との共通点と、双方の魅力など、明確な答えの用意が必要と考えます。


また、面接最後の質問の件ですが、基本的に前向きな質問を行った方が好印象を与えると思います。間違っても企業にとってマイナスな回答が想定できる質問は、質問者様へのプラス評価にはつながりません。企業にとって図星の質問であっても「この学生は鋭い! 賢い!」とはなりません。人事も自社の問題点や課題を理解しています。「やっぱりその質問か……。」程度にしか思わないでしょう。それよりも、入社後に自分はどんなことができるかをはじめ、「○○に挑戦したいのですが、実現できますか」など、前向きな質問の方が入社を希望する意志が伝わって良いと思います。



コンテンツ提供●プライマル株式会社「就活の真実2016」

「就活の真実2016」

「就活の真実」は、プライマル株式会社が提供する、1,300記事以上のノウハウを収録したスマホアプリ。就活生の実体験や、企業の人事担当者の本音などの内容が人気を博している。iOS版はApp Storeから、 Android版はGoogle Playから、それぞれ無料で入手可能。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ