「自己PRを1分間でお願いします」が得意になる、話し方のコツとは?

「自己PRを1分間でお願いします」が得意になる、話し方のコツとは?

2015/04/07

就活hack

お役立ち情報

「自己PRを1分間でお願いします」が得意になる、話し方のコツとは?

就活生の皆さんの疑問・質問を解消するため、Q&A方式でさまざまな就活の悩みにお答えします。今回は、「志望動機や自己PRを1分間で上手に話せるようになるコツを教えてほしい」という質問です。

▼こちらもチェック
短所もアピールポイントに! 面接で「あなたの短所は?」と聞かれたら何て答える

<就活生からの質問>

面接で「志望動機や自己PRを1分間で話してください」と言われた時に、どのようにまとめられば良いでしょうか?

<就活の真実 事務局からの回答>

伝えたいテーマを明確にして、最初に結論から述べましょう。そして、構成のコツを押えましょう


端的にアピールしたいこと述べることが必要です。「私は●●が長所です」「私は●●ができます」「私は入社したら●●に挑戦したいです」「私は部活で●●という成果を出しました」「私は●●の理由から御社を志望しました」などの、テーマや結論を最初に持ってくることが、志望動機や自己PRでのセオリーだと思います。
その後に「なぜならば」という理由付けを残りの1分弱で伝えてください。

1分間のように時間制限がある場合でも、自由に話せる場合でも、結論から話し始める構成は変わりません。
相手にPRしたい内容に修飾を加えながら、しかも分かりやすく説明しましょう。そして今回、質問者様が必要とされる志望動機や自己PRは、1分の時間内で話し終えられるよう、修飾部分を極限まで削ったものと考えればいいわけです。


構成の仕方は以下を参考にしてください。

1.結論/PRテーマ
2.結論やPRテーマに至った背景やできごと(部活、研究室、ゼミ、アルバイト、サークル等)
3.そこでの目的
4.見付けた課題
5.課題解決に向けての取り組み
6.結果と成果
7.そこから学んだこと=(イコール)今回の結論/テーマ


無駄な修飾部分をそぎ落とし、それでも相手に伝わる内容であることが必要です。一度、1~7までの内容構成で文章を作成し、口に出してみてください。文章ができて終わりではなく、声に出しての練習は絶対に必要です。家族や友人を相手にプレゼンしてみてもいいかもしれませんね。


コンテンツ提供●プライマル株式会社「就活の真実2016」
「就活の真実2016」
「就活の真実」は、プライマル株式会社が提供する、1,300記事以上のノウハウを収録したスマホアプリ。就活生の実体験や、企業の人事担当者の本音などの内容が人気を博している。iOS版はApp Storeから、Android版はGoogle Playから、それぞれ無料で入手可能。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ