ニュースでよく聞く「経団連」とは?今さら聞けないその意味を解説!

ニュースでよく聞く「経団連」とは?今さら聞けないその意味を解説!

2017/02/03

就活hack

ニュースでよく聞く「経団連」とは?今さら聞けないその意味を解説!

「経団連」という言葉をニュースなどで見聞きしたことがあるという人は多いでしょうが、その意味をご存知ですか?見聞きしたことはあっても、何のためにあり、どんなことをしているのか、どのような構成になっているのかを説明できる人は少ないかもしれませんね。今さら聞けないという人のために、「経団連」について解説します。日本経済を知るうえでも役立ちますので、ご一読ください。

▼こちらもチェック!
就職氷河期とは? 就活生なら知っておきたいその意味と背景

■日本経済を支える「経団連」とは?

「経団連」とは「日本経済団体連合会」の略称で、2002年に「経済団体連合会」と「日本経営者団体連盟」が統合されてできた総合経済団体です。構成会員は日本を代表する企業や団体で、その数は1,600以上。経団連会長ともなれば、まさに日本経済の顔といってもいいほどです。経団連は日本経済の自律的な発展のため、企業・個人・地域の力を引き出すことを役割としています。つまり、日本経済を元気にするための団体であり、日本経済の根底を支える存在でもあるのです。

■経団連はどんなことをしているの?

経団連の会員は経済に直接関係する企業や団体ですから、経済を発展させるための意見を出し合い、それらの重要課題を取りまとめます。そして、まとめた意見を迅速に実現させるために政府や行政などに働きかけ、必要があれば新制度の提案なども行います。また、会員企業への信頼を確保するために「企業行動憲章」を定め、各企業に遵守を働きかけるのも仕事です。最近では、日本企業のグローバル化に伴い、海外の政府や団体などとの関係緊密化にも積極的に取り組んでいます。

次のページまだある! 経団連に関する疑問

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ