圧倒的不利って本当? 留年が就活に与える影響とは

圧倒的不利って本当? 留年が就活に与える影響とは

2016/07/17

就活hack

関連キーワード:

圧倒的不利って本当? 留年が就活に与える影響とは

大学で留年してしまった事実が就活をする段階になって気にかかり始める大学生の方もいるのではないでしょうか。留年した経験があることで他の大学生と比べてマイナス評価されるのではないかと不安に思っている人もいるでしょう。留年してしまうと就活では圧倒的に不利とも言われていますが、その苦境を挽回するための方法がないわけではありません。

そこで今回は、留年が就活に与える影響と留年した事実を挽回する方法をご紹介します。


■ストレートと比較した場合

ストレートの就活生は、留年していないという点が高く評価されることは特にありません。しかし、同じスペックを持つ就活生が2人いて、片方がストレート、片方が留年経験者だった場合、前者を選択する面接官が多いのは事実です。留年そのものが必ずしもマイナス評価されてしまうわけではありませんが、留年を経験した就活生は、他の就活生よりも自己分析や企業研究などに磨きをかける必要があると言えます。

また、留年したことに対して過度に卑屈になるのもよくありません。面接ではあくまで明るくさわやかに受け答えをするといいでしょう。

■留年した理由を分析しておく

留年していると就活の面接でなぜ留年したのか理由を聞かれることが増えると思います。そのため、あらかじめ自分が留年した理由を分析しておくといいでしょう。

留年していた間何かに打ち込んでいた人は、そのことを詳細に伝えましょう。単位が足りず留年してしまったという人は、その事実を伝えたうえで、反省していることを述べるといいでしょう。いい評価をされたいからといって嘘をついてはいけません。あくまで誠実に伝えることが最終的には採用につながります。


次のページ留年をプラスにアピールしよう

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ