バブル時代の就活事情。高級ホテル宿泊、教授の紹介で即内定!?

バブル時代の就活事情。高級ホテル宿泊、教授の紹介で即内定!?

2014/11/28

ニュース&コラム

関連キーワード:

バブル時代の就活事情。高級ホテル宿泊、教授の紹介で即内定!?

1991年に公開された、織田裕二主演の映画『就職戦線異状なし』。ここで描かれているのは、コネあり接待ありの、バブルど真ん中の就活生の姿。突然企業から内定通知が送られてきたり、他社との接触を防ぐために企業が学生を海外旅行に連れ出したり......なんて、にわかには信じられないような噂を今でも耳にしますが、実際はどうだったのでしょうか。バブル景気の影響で超売り手市場だった頃に就活を経験した世代に聞いてみました。


●即内定&超優遇
・バブル絶頂期の売り手市場だった。面接時に「明日からでも来られますか?」と言われた(46歳/男性/アパレル・繊維)
・面接を受ければ即採用のような感じだった。会社説明会時の昼食もとても豪華なものだった(41歳/女性/ソフトウェア)
・就職内定時にディズニーランドつきのシェラトン宿泊(44歳/女性/ホテル・旅行・アミューズメント)
・1日で何社か回るとき、すべての会社が言い値で交通費を出してくれ、さらにお土産をつけてくれる会社もあった(44歳/男性/商社・卸)

●教授の紹介で即決
・就職活動はまったく行わず、博士課程に進むか就職か迷ったあと就職に決め、教授に推薦状を書いていただき、それで採用が決まった(50歳以上/男性/情報・IT)
・今勤めている会社は、就職担当の教授の元にあったリストから選んだだけで決まった。その後も何社も面接に行き、タダ飯&酒を堪能した。いい時代だった......(43歳/男性/電機)

次のページ就活解禁日に数日間拘束!?

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ