志望動機が思いつかない! 就活で困ったときの対処法

志望動機が思いつかない! 就活で困ったときの対処法

2019/02/28

志望動機

関連キーワード:

企業に応募するときにも重要になってくるのが志望動機。でも、何を書けばいいのかわからず悩んだり、考えすぎてまとまらなくなったりしていませんか? 今回は、志望動機が思いつかないときの対処法をご紹介します。

志望動機

志望動機が思いつかないのはなぜ?

履歴書やエントリーシートに必ずある「志望動機」のスペース。「絶対に入社したい!」という企業ならまだしも、志望順位が低い企業の場合は、一生懸命考えたにもかかわらず、会社案内に書かれた事柄や、どこかで聞いたような言葉しか出てこない……という人も多いのではないでしょうか。まずは、どうして志望動機が書けないのか、その理由から考えてみましょう。

自分のやりたいことがまだ明確になっていない

自分の得意分野や強みを理解していないと、志望する企業で何をやりたいのかがはっきりせず、そこで働いている自分のイメージが見えにくいことがあります。その企業でやりたいことを見つけることは、自分のよさを生かすことでもありますから、まずは自分の長所や特徴を知ることが大事です。

企業についての理解度が十分でない

第一志望の企業に関してはしっかりと企業研究をしていても、志望順位が低かったり、労働条件だけで選んだ企業だと、どの企業にも当てはまるような志望動機になりかねません。その企業にしかない特長をつかめるまで、しっかり企業研究をすることが必要です。

考えを整理することが志望動機のひらめきに

志望動機はいわば企業へのラブレターともいえるものです。「この企業に入りたい」という熱意を伝えなければなりません。企業側は志望動機を通じて、あなたが今持っている「能力」はもちろん、今後どのように成長したいかという「意識」を知りたがっているはずです。

では、どうすれば企業に伝わる志望動機を作ることができるのか、順番に見ていきましょう。

自己分析:自分に向いていることを考える

志望動機を書くには、まず自分自身について深く掘り下げる必要があります。
どういう点について考えればいいのかというポイントは4つあります。

・自分の性格
長所・短所ともに客観視しましょう。家族や友達など周囲の身近な人に指摘してもらう「他己分析」も効果的です。

・好きなこと
長く続けていることや興味を持っているものについて、整理してみましょう。

・得意なこと
自分が胸を張れること、または周囲から「お願い」された事柄などをピックアップしてみましょう。

・なりたい自分の姿
5年後・10年後に、自分がどのような人物になりたいのか。目標を考えてみましょう。

これらが整理できたら、次に重要なのは、ピックアップした根拠となる事柄です。なぜそのように考えたのか、きっかけとなる経験やエピソードを考えてみましょう。もしすぐに思いつかないのであれば「自分史」を作る感覚で、自分の年表を作ってみてもいいでしょう。

企業研究:企業の共感ポイントを見つける

次に、受ける企業についても深く知らなければなりません。
事業内容や企業理念、社風を調べる際には、以下の3点を重視しましょう。

・なぜこの企業なのか
同じ業界の中で、志望している企業が何を強みとしているかをチェックします。

・どこに魅力を感じたのか
企業の強みやこだわりなどに着目すると考えやすいです。

・この企業で何ができるのか
企業の中で働く自分を想像し、そこでやりたいことを考えてみましょう。

企業と自分の接点から志望動機を考える

自分と企業について深く知ることができたら、そこから両者の接点を見つけます。今までの自分の経験やこれからの生き方の中で、志望企業とどのようにつながっていけるのかを考えてみましょう。これらを組み合わせると、説得力のある志望動機ができあがるはずです。

<志望動機をまとめるポイント>
・その企業で成功させたいこと、目標
・そう思ったきっかけとなる自分の経験やエピソード
・同じ業界の中で、その企業を選んだ理由

自分の経験を通じて感じた事柄を、企業の「強み」や「ウリ」としている部分に盛り込むことで、会社への志望度が高いという「熱意」を見せることができます。

まとめ

自分自身について深く知り、企業についてもいろいろな角度から研究をすることで、説得力のある志望動機を書くことができます。自分の経験を上手に交え、オリジナルの志望動機を作ってみてくださいね。

(学生の窓口編集部)

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ