サークルで役職についていない場合の自己PRポイント8選! 若手社会人に聞いてみた

サークルで役職についていない場合の自己PRポイント8選! 若手社会人に聞いてみた

2017/04/28

自己PR

●ムードメーカー役

・盛り上げることが大切だから(女性/24歳/団体・公益法人・官公庁)
・職場の士気向上ができると見てくれるから(男性/27歳/小売店)

●その他

・サークルの話はしないという方法も。もっと他のPRをすべき(女性/28歳/情報・IT)
・明るさと努力。明るさで頑張れることをアピールする(男性/23歳/自動車関連)
・サークルでは充実させる方法を考案していたこと。思考を働かせていることを主張すれば自分もサークルの運営に関わっていると思ってくれるから(女性/22歳/運輸・倉庫)
・自分の経験をわかりやすく伝えた。経験を話すしかPRは思いつかなかった(女性/23歳/その他)

今回の調査では、サークルで役職についていない人は、リーダーをサポートする役をPRしたという意見が目立ちました。サポート役も意外と重要なポジションですからね。

サークル活動においてリーダーとして仕切ることも大切ですが、サークル活動がうまく行くようにする立ち回りの人や盛り上げ役も大切です。こういった立ち位置は、仕事にも関係してくるでしょう。無理に役職をPRをせず、自分がサークルというグループ活動でどういったことを意識したのかに注目するとよいかもしれません。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査日時:2017年4月
調査対象:就活を経験した社会人歴5年目までの男女178人

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ