就活で悩ましい履歴書の自己PRの書き方は? どうやってまとめればいい?

就活で悩ましい履歴書の自己PRの書き方は? どうやってまとめればいい?

2019/03/01

自己PR

関連キーワード:

就活で誰もが悩む履歴書の自己PR欄は、慣れるまでコツがいるもの。ここでは自己PR欄を書くときのマナーや、あなたの思いを伝えるための表現の工夫について紹介します。

履歴書で自己PRは就活で欠かせない項目

履歴書に記載する自己PRの文字数

履歴書の自己PR欄については、志望企業から「●文字以内で」などと文字数指定がある場合が多いです。その場合は企業の指定に沿って、自己PRをまとめていく必要があります。では、文字数指定がない場合は何文字程度で文章をまとめるのがいいのでしょうか。一般的な文字数について考えてみましょう。

基本となる文字数は?

自己PR欄の文字数に指定がないときは、300〜400文字を目安にまとめるようにしましょう。自分の強みを原稿用紙1枚程度に収めていくイメージです。文字数が多すぎず、かつ、具体的なエピソードを盛り込みながら自分の思いを伝えやすい分量といえるかもしれません。

手書きで履歴書やエントリーシートに記入する場合は、まずはパソコンで文章を入力し、文字数をカウントした上で書類に実際に書くようにすれば、文章が長すぎる・短すぎるといった事態を防ぐことができます。

読んでもらうためには短く簡潔に書こう

企業の採用担当者は日々たくさんの履歴書やエントリーシートに目を通さなければなりません。ですから、あなたの強みがひと目でわかるよう、アピールポイントを短く簡潔にまとめていくことが大切です。

自己PRに何を書くべきか迷ったら、自分がアピールしたい能力の中から、企業にとって関係があるものを一つ選んで、具体的にアピールしてみましょう。「物事をわかりやすくまとめる能力がある」と採用担当者に思ってもらうことができるかもしれません。

文字数が少ないと熱意不足と思われる

自己PRは端的にわかりやすく書きたいところですが、だからといって文字数が少なすぎると相手に伝わりづらくなってしまいます。自己PRは、たくさんの就活生との差別化を図れる大切な要素でもあります。その部分の文量が少ないということは、企業によっては就職への熱意が足りないと思われてしまうかもしれません。

企業から文字数指定がある場合、その文量の8割以上を書くのが一般的です。手書きの場合は文字の大きさやスペースの取り方も工夫して、自己PR欄がスカスカな印象にならないように適度な大きさで書きましょう。

履歴書に自己PRを書くときのポイント

自己PR欄に清書するときは、丁寧かつ簡潔に書くことが大切。いざ清書をする前に、書くときの基本点なポイントを改めてチェックしておきましょう。

自分の魅力や強みを簡潔に伝える

そもそも自己PRを通して企業の採用担当者が知りたいことは、「自社で生きる人物か」ということ。ですから、自己PRを書く前に志望企業の「社風」「経営方針」「求める人物像」についてもう一度確認を。その企業にマッチする能力や人柄を読み取った上で、それをあなたのアピールポイントに重ねて簡潔に書きましょう。

さらに、裏付けとなる具体的なエピソードを書き添えると説得力が増します。たとえば、次のような経験などがエピソードとして書くことができます。

・実習や研究で身に付けた論理的思考や忍耐力
・アルバイト先で得たコミュニケーション力や協調性
・失敗を前向きに乗り越えて次に生かした改善力

…など、こうした強みが「貴社ではこのように生かせます」と、相手に伝わるようにまとめることが大事です。

丁寧な文字で書く

履歴書やエントリーシートはパソコンによる作成も一般化してきましたが、企業によっては手書きが好まれることも。手書きの場合、「丁寧に書かれているかどうか」は重要なポイントになります。

とりわけ自己PRはあなた自身の魅力を伝える大切な要素。書き終わった後も、誤字や脱字がないように再度確認しましょう。丁寧に書かれた履歴書やエントリーシートはあなたの印象アップにつながるはずです。

基本的なポイントを押さえる

アピールポイントをしっかり伝えるために、文章を書く上での基本的なポイントは外さないようにしましょう。

・正しい文法で書く
「てにをは」は正しく、「ら抜き言葉」は使わない、敬語は適切に使う、など文法の基本を押さえて書きましょう。

・結論を先に書く
アピールしたい内容を一文目に書くこと。印象に残りやすくなり、その後に続く文章の軸が定まりやすくなります。

・具体的に書く
読んだ人が頭の中でイメージしやすいように、具体的な表現を選びましょう。たとえば、「社交性がある」と書くよりも「部活動ではチーム内の連携を大切にした」などと表現を工夫しましょう。

まとめ

自己PR欄は、就活のライバルと差別化を図る絶好のポイント。伝わりやすさや読みやすさに配慮しながら、あなたならではの強みやエピソードなどを交えて自己PRを書けるよう心掛けてくださいね。

(学生の窓口編集部)

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ