手書きエントリーシートで書き損じたときの対処法&書き損じミスをしないための対処法まとめ

手書きエントリーシートで書き損じたときの対処法&書き損じミスをしないための対処法まとめ

2016/11/12

自己分析

●休んでから書く


・一気に書かず、項目ごとに休憩を挟む(男性/22歳/大学4年生)
・何枚も提出しなければならないからこそ一つ一つを正確に(男性/25歳/大学院生)
・気が張り詰めて写す箇所を間違えたから(女性/26歳/大学院生)
・疲れているときは書かない(女性/25歳/大学4年生)

●その他

・声に出して読みながら書く(男性/24歳/大学院生)
・時間に余裕を持つ。急いでいると間違いが増えるから(男性/25歳/大学院生)
・最後に点検する。点検をしたら、ミスをしなくなった(女性/21歳/大学4年生)
・一気に書き上げる(男性/22歳/大学4年生)

さまざまな意見がありましたね。多くの企業を受ける学生にとってESはたくさん書くことになりますから、見本があると心強いですよね。最初は一手間かかりますが、その後はルーティーンで出来そう。また、下書きをするのは時間も労力もかかりそうですが、安心できるのでしたほうがいいようです。訂正印などを使う人もいるとわかりました。

いかがでしたか? ESをこれから書く学生は、ぜひ参考にしてみてくださいね♪


▼選考通過した先輩のESが見られる!


文●ロックスター金谷

マイナビ学生の窓口調べ
調査日時:2016年11月 
調査人数:内定をもらった大学生男女222人(男性98人、女性124人)

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ