面接での自己紹介で、面接官の心をつかむポイント4選

面接での自己紹介で、面接官の心をつかむポイント4選

2016/06/30

就活hack

面接での自己紹介で、面接官の心をつかむポイント4選

面接を突破していくのは就活の山場であり、就活生はみな面接突破の確率を上げるために周到な準備をするでしょう。その際に最も重視しておきたいのが自己紹介です。自分がどのような人物であるかとアピールする最大の山場になるので、その極意を習得しておきましょう。基本となる準備ができていれば面接を突破できるようになります。



■自分の概要は1分にまとめる

就活の面接対策として自己紹介の内容を予め考えておくのは基本です。その準備のときには自分の概要を1分で話せるようにまとめるようにしましょう。

1分で話すのは意外に長いと感じる人もいれば短いと感じる人もいます。しっかりと内容を選び出して、無駄なく詳細を吟味していくとかなりの内容を盛り込めることに気づくはずです。面接官に対して自分をよく知って欲しいと考えてたくさん話したい人もいますが、あまり多くのことを話しても全て覚えていてもらえるわけではありません。逆に少なすぎてもインパクトを与えられないため、影の薄い存在として捉えられてしまいがちです。そのバランスが取れているのが1分であり、伝えたいと考えていた内容がほぼ過不足なく理解してもらえるでしょう。

自己紹介は予め準備してあると面接官の方も理解しています。そのため、伝えたい内容を適切に短くまとめて伝えられる能力も同時に評価されていると考えておきましょう。1分程度が面接官にとってストレスなく聴き通せる長さです。しばしば1分間で話すように条件をつけられる場合もあるのでその対策にもなるでしょう。

■1文で自分の長所を言い表そう

自己紹介の内容を吟味していく際に重要になるのが自分の長所を伝える視点です。自分の良い所を伝えて、必要な人材として評価してもらいたいと考えるとつい長所を長々と喋ってしまいがちになります。しかし、面接において重要になるのはいかに相手にインパクトのある形で理解してもらうかであると留意しておきましょう。そのために欠かせないのが、1文で長所を言い表すことです。

いくつもの文にわたって長々と長所を話してしまうと、結局自分はどんな人物なのかが見えなくなってきてしまいます。キーワードを盛り込んで自分の長所を印象深く伝えることが重要であり、勤勉、思慮深い、辛抱強い、コミュニケーションが得意などの簡単な一言で言い表し、それを肉付けする形で短い1文に長所をまとめましょう。1文とだけ定めると100文字もあるような長い文で説明しようとする人もいます。しかし、面接官にストレスなく正確に内容を理解してもらうためには1文は40文字から60文字程度におさめておくのがポイントです。短い文だからこそ重要になるのがキーワードであり、自分を表現できる言葉をうまく探し出して利用しましょう。

次のページこんなテクニックも!

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ