就活リップの選び方とメイクのコツ 好印象な色とは?

就活リップの選び方とメイクのコツ 好印象な色とは?

2017/11/20

ヘアメイクの基本

就活リップの選び方とメイクのコツ 好印象な色とは?

就活では、やはり第一印象が大切です。中でも人は話している人の唇を注目して見るといわれますから、リップメイクは重要なポイントの一つ。

そんな就活のリップメイクでは、一体どんな色を選べばいいのでしょうか。ここでは、就活でのリップ選びのポイントをご紹介していきます。ぜひ自分に合った色のリップを選んで印象のよいメイクを完成させてみてください。

▼こちらもチェック!
好印象な就活メイク5つのコツ 第一印象はこれでOK!

■就活におすすめのリップとは?

ナチュラルメイクとはいっても、何も塗っていない唇は少し不健康に見えてしまいます。普段の唇に、少し明るさを与えてくれるようなリップに仕上げるのがおすすめです。

ほとんど色が変わらなくても、塗っているだけで「きちんと感」のある表情を完成させてくれます。デパートで塗ってもらう、ドラッグストアでテスターを塗りに行ってみるなど、自分に似合うものを選んでみてくださいね。

■自分に合う就活リップの選び方

リップといっても色味がたくさんあり、なにを買えばよいのか、自分に合うものはどれなのか、選びにくいですよね。最近ではトレンドのレッドやボルドーなどの濃いめカラーのリップが人気ですが、就活には不向きです。また、普段よく使っているツヤツヤのグロスやマットリップも就活には向きません。

おしゃれさよりも、フォーマルかつ健康的に見えるようにするのが、就活のリップを選ぶポイントとなります。色味によって快活・柔和・知的など、印象が大きく変わります。自分が与えたい印象や業界の雰囲気に合わせて、好みの色味を選んでみてくださいね。

もちろん、真っ赤なレッドカラー、フーシャピンクなどの濃すぎるカラーは避けて、ナチュラルに見える薄付きのもの、あるいは唇の色を少し補色してくれる程度の薄めカラーを選びましょう。

◯肌の色味で選ぶ就活リップ

就活リップを選ぶときには、肌の色味と合うかどうかもポイントになります。一番は自分で塗ってみて似合うものを選ぶのが大切。さまざまな色の要素を組み合わせたカラー展開なので一概には言えませんが、色選びのベースとなるポイントを押さえておくことはとても重要です。肌の色味は、「ブルーベース」と「イエローベース」の2種類に分かれています。

・ブルーベース

ブルーベースはその名の通り、青みがかった色白の肌を表します。血管の色が青く透けて見えるような色味ですね。青みがかったピンクなどやローズ、レッドなどの寒色系が入った色味が似合います。

・イエローベース

イエローベースは黄みがかった肌で、ファンデーションとしてはオークルという表現をされています。基本的にはオレンジが混ざった色味が合う肌色です。オレンジ系リップやオレンジベージュ、アプリコットやコーラルなどピンクとオレンジが混ざった色味も似合うといわれています。

自分がどちらの色味であるのかを知ってから色選びをしてみると、合う色を絞り込みやすいですよ。

次のページリップの色味と与える印象って?

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

ページトップへ