好印象な就活メイク5つのコツ 第一印象はこれでOK!

好印象な就活メイク5つのコツ 第一印象はこれでOK!

2017/10/02

就活の身だしなみ

好印象な就活メイク5つのコツ

いよいよ就活が始まる時期。スーツも、パンプスもバッグもOK!でも、試着してみたときに、「あれ? 顔だけ、なんだか浮いているかも……」と思ったことはないでしょうか。

就活に適したスーツがあるように、メイクにも就活に適した方法があるのです。スーツにぴったりの就活メイクのコツをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。自分の知的さ、誠実さ、積極性をアピールできるようなメイクを完成させて、好印象を与える就活生になりましょう!

▼こちらもチェック!
就活メイクでマスカラはする? しない? 女性社会人の意見は

■好印象を与える就活メイクのポイント

就活であなたが面接官に与えたい印象は何でしょうか? 就活で与えたい印象として代表的な4点をご紹介します。

・清潔感:社会人として接したいと思えるような清潔感は必須ですね。
・知性:地頭がよさそうと思ってもらえると面接時にも好印象です。
・積極性:何事も積極的に取り組めることは重要なポイントとなります。
・朗らかさ:ハキハキ、明るく接することができる人はどこでも求められます。

このようなポイントを押さえて就活メイクを完成させるためには、どのようなコツを押さえればよいのでしょうか。メイクのパーツ5つに分けてご紹介していきます。

1)就活メイクのコツ! ベースメイク編

就活メイクで非常に重要になるのが、ベースメイクです。皮脂などが浮いてテカってしまったり、ファンデーションが崩れてしまったりしていると、清潔感からは程遠い印象となってしまいます。暑い時期に就活をするわけですから、化粧崩れしないようなメイク方法を手に入れて、いつでもサラサラのお肌を保ちましょう。

テーマはいつでも清潔感を与える、崩れないベースメイク。崩れないベースメイクは、保湿と密着で作るのがコツです。

◯保湿

ベースメイクを崩さないためには、しっかり保湿することが不可欠です。お肌の水分や油分が不足すると、「乾燥している!」とお肌が勘違いして皮脂を多く分泌してしまうのです。

せっかくきれいにお化粧しても、保湿が足りないと逆に皮脂崩れを起こすことになります。そうならないよう、十分に化粧水をお肌に入れ込み、乳液やクリームで入れた水分を蒸発させないようにフタをしましょう。化粧水はお肌がひんやりするまでたっぷり使うのがポイントです。

◯ファンデを密着させる!

次はお肌にメイクを密着させます。ベースメイクにパウダータイプのファンデーションを使う場合は頬から塗り広げるようにし、おでこ・目・口・鼻の周りは頬を塗った後の余りで十分です。いつもより若干厚めに塗っておいてください。

リキッドタイプの方も塗り方は同じです。ファンデーションブラシを使って塗ると均一で崩れにくく仕上がります。こちらも就活向けに普段より若干厚めに塗り、パウダーを粉が見える程度まで厚塗りします。

ファンデーションを塗り終わったら、洗面器に水を張って10秒顔をつけてください。その後、ティッシュでこすらずに水気を優しく吸わせてから、次のメイクに取り掛かります。この洗面器に水をつける作業をはさむことでファンデーションとお肌が密着し、汗をかいても崩れにくくなります。

次のページアイメイク&アイブロウの就活メイクのコツは?

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ