エントリーシートで「学科選択理由」を自己PRとして活用するコツ3選

エントリーシートで「学科選択理由」を自己PRとして活用するコツ3選

2016/01/22

就活hack

大学で学んでいる学問について尋ねる欄がエントリーシートに設けられていることがありますが、この欄も上手く自己PRに

エントリーシートで「学科選択理由」を自己PRとして活用するコツ3選

活用したいですよね。今回は、自己PRや志望度の高さをアピールする目的で「学科選択理由」を活用する方法を解説します。

1.学科選択理由の活用方法

ゼミや研究室での研究内容だけでなく、そもそも大学に入学する時の学科選択理由も紹介できるように準備しましょう。学科選択理由の紹介を通して目指すのでは、目標や目的をもって行動する姿勢が、高校時代等の「昔から」身に付いていたことの強調です。仕事に明確な目標や目的をもって臨む人材を求めている採用担当者や面接官の心を掴むことに役立てましょう。

2.学科選択理由の活用イメージ

志望する仕事と関連性の高いゼミや研究室に所属している場合は、特に効果的に活用できます。

A「研究を通して浄水システムの大切さを実感しました。この理由から、現在取り組んでおります研究を活かせる御社を志望しております」

B「水は天から無限に恵まれるものと思っていました。この考えを変えたのは、高校2年の時に観たドキュメンタリーです。世界的に見れば飲める水は少なく、また増え続ける人口や世界的な経済発展による工業用水の需要増加、更には砂漠化も加わり、ますます水は貴重なものになると知りました。この日から水に関わる仕事に就くことを志し、大学も環境系の学科を選んで受験しました。このような理由から、現在取り組んでおります浄水システムの研究を活かせる御社を志望しております」

ABの比較から分かるように、学科選択理由にも触れることで、より昔からの真剣な気持ちで仕事を志望していることをアピールできるのです。

3.なんとなくイメージで学科を選んでいた場合

正直、偏差値が高いとか、学科名のイメージで選んでいたとしても、正直すぎる必要はありません。今日までの勉強を通して、自分の所属する学科が社会・文化的にどのような役割を担っている学問なのかを認識できているはずです。

例えば、「歴史とは、国や国民の有形・無形の財産です。よって、埋もれた歴史を掘り起し、光を当てることができれば、それだけ国や国民が豊かになれることに意義を見出し、この学科を選びました」等、少々格好の良い学科選択理由を考えておきましょう。

学科選択から仕事選択まで一本の軸で貫けていることは大きなアピールになります。該当する方は、是非アピールして下さい。

岡 茂信 (おかしげのぶ)
現在東証1部の情報システム開発企業での採用選考経験を元にジョブ・アナリストとして独立。大学及び就職イベントでの講演、有名企業に対し採用アドバイスを実施。著書に「就職活動がまるごと分かる本」「エントリーシート完全突破塾」「適職へ導く自己分析」がある。また、「岡茂信の就活の根っこ」(http://ameblo.jp/okashigenobu/)で就活の土台となる旬な情報を発信している。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ