【人生一度はやってみたい!】はじめての『スカイダイビングおどおど』を解決(満喫する方法編)#あつまれ!_おどおど学生。

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

【診断】「恋愛おどおど」さん必見! あなたの恋愛力をチェック

上空数千メートルもの高さから地上へとジャンプする「スカイダイビング」。「人生で一度は体験してみたい」と思っている人は多いのではないでしょうか? とはいえ、どこに行けばスカイダイビングができるのか、何を準備すればいいのかなど、初めての場合は分からないことばかりのはず。 

 本シリーズ記事では、栃木県栃木市にある『藤岡スカイダイビングクラブ』にご協力いただき、『はじめてのスカイダイビングおどおど』を解決するためのポイントをまとめます。3回目となる今回は、「スカイダイビングを満喫する方法」についてご紹介します。

▼こちらの記事もおすすめ!
1.はじめての『サーフィンおどおど』を解決 #最初にすること編
2.はじめての『ソロキャンプおどおど』を解決 #道具編
3.はじめての『スケートボードおどおど』を解 #必要な道具編

より楽しむためのポイント

おどおど解決ポイント
1.飛ぶ前に「スカイダイビングをより楽しむためのポイント」を押さえよう
2.飛んだあとは動画を見返そう

3.もっと楽しみたい人はライセンスを取得しよう

スカイダイビングは、飛行機からジャンプして地上に降り立つまでわずか数分しかありません。短い時間の中で貴重な経験を最大限楽しむためにも、「スカイダイビングをより楽しむためのポイント」を覚えておきましょう。

独特の浮遊感を楽しもう!

飛行機からジャンプしてからパラシュートが開くまでの時間を「フリーフォール」といいます。時速200キロものスピードで落下していながらも、なぜか「浮いている」ような不思議な感覚が楽しめます。この独特の浮遊感はスカイダイビングの醍醐味。「またあの感覚が味わいたい」と病みつきになる人もいるほど。ちなみに、『藤岡スカイダイビングクラブ』では、60秒間の「日本で一番長いフリーフォール」が楽しめます。

上空からの景色を堪能しよう!

上空1,500メートルに達するとパラシュートが開き、ここから数分かけて地上へと降りていきます。1,500メートルの高さでの空中散歩はめったに経験できるものではありません。ゆったりと上空からの景色を楽しみましょう。『藤岡スカイダイビングクラブ』では、天気がいい日は富士山や筑波山などの山々や、東京スカイツリーやビル群を眺めることができます。他にも「近くに大きなハートの池が見えるのでぜひ探してみてください」とのこと。

ジャンプ後は動画を見返そう 

 『藤岡スカイダイビングクラブ』では、ジャンプ中の模様をインストラクターのハンドカメラで撮影、または専門カメラマンが離れた所から撮影してくれます(コースによります)。ジャンプ後は撮影データを受け取ることができます。こうした撮影サービスがある場合は、ぜひ記念すべき「初ジャンプ」の動画を見返しましょう。飛行機から着地までの一部始終を見れば、楽しさや臨場感がまた味わいたくなるはず。自分がどんな顔をして飛んでいたのか見るのも一興です。

初ジャンプの際は緊張して楽しむ余裕はないかもしれませんが、上記のポイントを意識すれば、初めてのスカイダイビングが満喫できるかもしれませんよ。

いつかは単独で!ライセンス取得もアリ

「体験スカイダイビング」がきっかけで、「本格的にスカイダイビングがしたい!」「1人で飛んでみたい!」と思うこともあるでしょう。その場合は、『AFF(アクセルレイティッドフリーフォール)』という、「初心者養成プログラム」を受けましょう(『藤岡スカイダイビングクラブ』でも実施しています)。

定められたカリキュラムを学ぶことで卒業検定が受けられ、インストラクターが「単独で飛ぶことが可能」と判断すればAFF卒業となります。AFFを修了することで、インストラクターの間接監督下で、単独スカイダイビングが可能になります。

インストラクターの監督下以外でスカイダイビングをする場合(条件付き)は、スカイダイビングのライセンスを取得しないといけません。まずはスカイダイビングの初級ライセンスである「Aライセンス」の取得からスタート。そこから、必要に応じ、上位のライセンスを取得していく、という流れです。興味がある人は、AFFの受講やライセンス取得について調べてみるといいでしょう。 

 参考:『藤岡スカイダイビングクラブ』「スカイダイビングのライセンスについて」

解決!! スカイダイビングおどおど(満喫する方法編)

スカイダイビングはそうそう経験できるものではありませんが、こうして楽しみ方や魅力を知ると「面白そう」と思うはず。また、「いつか体験したいと思っていた」という人は、がぜん興味が湧いたのではないでしょうか。『藤岡スカイダイビングクラブ』によると「スカイダイビングは非日常が味わえます。いい思い出を作るだけでなく、気持ちや考え方に変化があるはずです」とのこと。人生の幅を広げるという意味でも、この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?


教えてくれたのはこの人!

取材協力:『藤岡スカイダイビングクラブ』(特定非営利活動法人スカイダイブ藤岡)

栃木県栃木市藤岡町にあるスカイダイビング・スポット。プロフェッショナルなインストラクターがサポートすることで、知識がなくても約15分の講習で、スカイダイビングを体験することができます。東京都心から車で約1時間と近く、日本で一番長い60秒のフリーフォールが楽しめることでも人気。

『藤岡スカイダイビングクラブ』


文:大西トタン@dcp

編集:マイナビ学生の窓口編集部

関連記事

はじめての『スカイダイビングおどおど』を解決(予約方法・料金編)

はじめての『スカイダイビングおどおど』を解決(当日の流れ編)

学生の窓口編集部

学生の窓口編集部

「3度のご飯よりも学生にとっていいことを考える!」の精神で
大学生に一歩踏み出すきっかけコンテンツをたくさん企画しています。
学生生活に役立つハウツーから、毎日をより楽しくするエンタメ情報まで
幅広く紹介していますので、学窓(がくまど)をチェックしてみてください!

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催