就活の自己PRで「アルバイト経験」を話して成功した事例4つ

就活の自己PRで「アルバイト経験」を話して成功した事例4つ

2017/03/04

自己PR

●スーパーのレジアルバイト


・スーパーのレジのアルバイトをしているが、客からのクレームは全てサービスカウンターというカウンターで対応しており、どんなクレームが来たかなどの共有はレジ店員にはされていなかった。そのため、客がどういうことに不満を持っているのかが分からず、それではいけないと感じたので、クレームを記録するノートを作ることを提案した。結果的にクレームの内容を把握することができ、その改善に向け行動できたので、クレームは減った。自分から動いたことが評価されたのだと思う(女性/22歳/大学4年生)

自分で改善に向けて動いたことがよくわかる自己アピールでしょう。普通のスーパーでのアルバイトですが、惰性でやっていないということが伝わってきます。

●大学内で英語のバイト

・大半の学生が学外でアルバイトをするのに対して大学内でしていたことがまず珍しく、また得意な英語を活かしたアカデミックな内容の仕事をしていたことが高く評価された。また、一般公募していない先生からの紹介のみで募集しているため、成績の高さや授業への取り組みの良さを教授に評価されたことが面接官に好評だった(男性/22歳/大学4年生)

学校の先生のお墨付きがあるので、自信を持ってアピールできそうですね。他の人とかぶることも少ないので面接官にもインパクトを与えられそうです。

いかがでしたか? ほとんどのエピソードが、大学生が経験する定番のアルバイトでした。しかし、アピールした内容はどれも説得力のあるものばかり。さすがうまくいった経験談、という印象です。大事なのはどんなアルバイトをするかではなく、そこから自分が何を得たのか、どのように行動したのかというところなのでしょうね。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査期間:2016年11月
調査人数:内定済みの大学生男女48人

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ