面接で「自分の短所」を聞かれたとき、うまく自己PRにつなげる答え方4選「心配性→慎重」

面接で「自分の短所」を聞かれたとき、うまく自己PRにつなげる答え方4選「心配性→慎重」

2016/04/28

就活hack

面接で「自分の短所」を聞かれたとき、うまく自己PRにつなげる答え方4選「心配性→慎重」

就職活動の面接では、「自分の短所はどこだと思いますか?」と聞かれることがあります。マイナスイメージのままで終わらないように短所を伝えるのって難しいですよね。うまく自己PRにつなげるにはどう答えればよいのでしょうか。そこで、就活経験者のみなさんに自分の短所についてどのように答えていたのか聞いてみました。

▼長所・短所の把握に役立つ!



■マイペース
・あまりマイナスな印象にはならないと思い、長所と短所両方に使用した(女性/23歳/その他)
・やることが遅いと言うと、好印象に持っていくのは難しそうだったから(女性/23歳/医療・福祉)
・のめりこめば早いから(男性/25歳/運輸・倉庫)

「マイペース」には周りに流されず自分のペースで動くという印象もあり、長所に使うこともできるようです。行動が遅いと言わずにマイペースと言い換えれば、悪い印象をあまりもたれずに短所を伝えることができます。

■飽きっぽい
・飽きっぽいところであるが、その分幅広い範囲に興味を持てる(女性/23歳/医療・福祉)
・飽きっぽい性格だが、興味のあることはとことん追求する(女性/25歳/小売店)
・飽き性だが、元気よく行動することがとりえ(男性/26歳/小売店)

1つだけを極めるわけではなくさまざまなことに手を出していると、飽きっぽいと思われてしまいますよね。そこを逆手にとって、「幅広く興味を持っている」と言えば良い印象を持ってもらえます。

■心配性
・心配症なところがあるが、慎重に物事を進めていくことができるところ(女性/25歳/アパレル・繊維)
・心配性だが、よく言えば確認を怠らないこと(女性/22歳/不動産)
・よくいえば慎重に物事を考えることができ、焦って失敗をすることがないから(男性/25歳/商社・卸)
・相手の事を考えすぎて行動してしまうが、相手の立場に立って考えられる (男性/25歳/金融・証券)

確認を繰り返し、慎重に進めることでミスが少なくなることもあるので、「真面目に仕事をこなしてくれそう」という印象を付けられるかも。ただ、小さいことに気をとられすぎて行動が遅そうと思われないようにしないといけません。

■集中しすぎる
・物事にフォーカスをあてて取り組むことができるので(女性/25歳/ホテル・旅行・アミューズメント)
・最後まで必ずやり遂げられるのが自分の長所でもあるから(女性/29歳/医療・福祉)
・没頭してしまい真面目にやるというアピールになると思った(女性/26歳/その他)

1つのことを最後までやり遂げられることは、何かを物事に取り組むときに大事なポイントですよね。面接官にも仕事を集中して遂行してくれそうと思ってもらえるかもしれません。

いかがでしたか? いちばん大切なのは、短所を短所のままにして終わってしまわないこと。マイナスな面をプラスに見えるよう言い換えたり、努力して変えようとしていることをアピールしたりしないといけません。短所を言う場面があったときは、参考にしたいですね。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査日時:2015年4月
調査人数:社会人1~3年目の男女403人

▼自己PR作成に役立つこちらもチェック!
「自己PR作成シート」を使ってラクラク自己PRを作成しよう

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ