志望動機よりも企業が知りたいこと

志望動機よりも企業が知りたいこと

2015/03/29

就活hack

関連キーワード:

志望動機よりも企業が知りたいこと

志望動機をテーマにした記事はたくさんありますが、 実は志望動機自体にはあまり意味がないんです。前日まで考え抜いたことを言っているに過ぎないし、それを額面どおり受け取る面接官なんて絶対にいないから。

では、志望動機を聞くとき、一般的に企業は何を聞きたいのでしょうか?

■志望動機より「就活動機」

それは、 「就活動機」なんです。自分の会社を受けにきた理由なんて、実はどうでもいい。どうでもいいというのはちょっと語弊がありますが、本当に聞いていきたいことへのジャブにしているという意味です。

面接官は志望動機を皮切りに、その人の資質を見抜いていこうとしてきます。面接という短時間の場で候補者の資質を把握するには、その人が今日までにどういうポリシーで、どういう業界を、いつくらいから、何社回って……なんていったことを確認しつつ、その瞬間・瞬間に本人が何を考えてどう行動したか? ということを聞いていくのが一番確実なんですね。

ここで勘違いがあっては困るので念のため書きますが、 実際の面接の場では、この志望動機と就活動機が明確に区別されているわけではありません。むしろ密接に絡み合っていることが圧倒的に多し、就活動機が志望動機を内包しているのも事実です。この2つをはっきり意図して区別し、質問できる面接官なんて(僕を含めて)ほとんどいません。

ですが、企業サイドが意図しているかどうか、またこの違いがわかっているかどうかは別にして、 結果を見れば志望動機より就活動機の方を重視して可否を決めた、というケースが多いのです。

次のページ「御社が第一希望……」で合否は決まらない

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ