履修登録とは? 仕組みとやり方を知ろう【体験談あり】

編集部:いとり

お気に入り!

あとで読む


大学で授業(講義)を受けるには、一般的な小・中学校、高等学校とは違い、「履修登録」という手続きが必要になります。

今回は、この履修登録の概要、登録方法、登録しないとどうなるかなど、履修登録の仕組みがどういうものかご紹介します。

▼こちらもチェック!
レポートの書き方まとめ! 基本の書式・構成や高評価をもらえるまとめ方とは?

大学の「履修登録」は、全ての学生に必須の手続き!

大学は単位制になっていて、4年間で必要な単位を取得して学問を修め、卒業します。学生はこの単位を取得するために自分で受けたい科目を選択し、自分で時間割を組みます。

「履修登録」(読み方は「りしゅうとうろく」)は、自分で時間割を組むことを指します。「履修登録」は、前期・後期の授業が始まる前に大学に申請する必要があり、期日までに申請しないと受けたい授業が受講できないのです。

小・中学校では自分の教室で待っていれば、時間割どおりに先生が教室に来て、授業を受けることができます。高校は大学と同じように単位制になっていましたが、学生が時間割を組む自由はほとんどなく、基本的には小・中学校と同じです。

大学の単位には「必修科目」「選択必修科目」「自由科目」がある

大学の科目の中には必ず単位を取得しなければならない「必修科目」と、いくつかの選択肢の中から選べるものの卒業に必要な「選択必修科目」自由に選択できる「自由科目」があります。

学生は、今年度受けなければならない必修科目や卒業までに取得しなければならない単位数を考えて、「履修登録」をしなければなりません。

学生が「履修登録」を経て組む時間割は、それぞれ独自のものになります。卒業までに取得したい資格や、興味によって時間割は異なるため、友人や先輩のものを丸写しというわけにはいきません。

「履修登録」のやり方

「履修登録」のやり方は、大学によって細かい部分で違いがありますが、基本的には同じです。

  1. 1.シラバスで授業概要を確認する
  2. 2.必修科目、選択必修科目をチェックする
  3. 3.自由選択科目として学習したい科目をチェックする
  4. 4.決められた方法で「履修登録」する

学生は「シラバス(講義・授業の内容、学習の計画などを知らせるために作成される資料)」で期間中に行われる授業の概要を確認することができます。そして、この情報から学習したい科目を選択し、履修登録を行います。

登録した授業のうち、受講希望者が多い場合は抽選になり、後日合否が知らされます。すでに決まっている授業の変更や取り消しについても、必ず期間内に申請しなければなりません。

「履修登録」をネットで行う大学が増加中

シラバスの閲覧や履修登録をネット上で行う大学が多くなっています。

ネット上で「履修登録」を行う場合は、このような手順であることが多いようです。

  1. 1.大学が指定する学生用HPからログイン
  2. 2.Web履修登録画面を開く
  3. 3.「履修申請」「シラバス」「時間割」などのメニューから「履修申請」を選択
  4. 4.受講したい単位を選択し「登録」もしくは「申請」する

この際、人気のある科目の場合は受講可否が抽選になる場合があります。受講の当落の連絡も学生用HPにくることが多いです。後日、自分の「履修登録」がきちんと通っているか確認しましょう。

「履修登録フラグ」は気になる科目に立てておく目印のこと

「履修登録フラグ」は、学生用の管理画面で「気になる」「必修科目だから受講しなくてはならない」といった科目に「目印」を立てる機能のことです。

学生間のスラングでは、卒業必須科目を落としてしまった場合や、履修登録期間が始まった場合などに、「履修登録フラグが立った」のように使うこともあるようです。

▼Uber Eats を頼もう!人気の料理をどこでもお届け
【a】Uber Eats フード注文

「履修登録がわからない」は通じない!重要ポイントを紹介

大学は、基本的に「卒業に必要な授業」と「自分が受けたい授業」、「資格取得に必要な授業」を受ければいいのですが、場当たり的に時間割を組んでしまうと4年で卒業できない可能性があります。

履修登録で、気を付けておきたいことをご紹介します。

大学の新入生ガイダンスは熟読する

「履修登録」や「シラバス」に必要な知識は、大学の新入生ガイダンスに書いてあります。熟読しましょう。

  • ・卒業に必要な最低取得単位数 
  • ・必修科目・選択必修科目・自由科目単位の内訳
  • ・1年間に受けられる単位数の上限
  • ・前期・後期の履修登録期間

については必ずチェックしておくべきです。

授業の質や単位の取りやすさは先輩方の意見を聞く

授業の質や単位の取りやすさについては先輩方の意見を聞きましょう。

  • ・「レポートが多めで、出席日数はあまり関係ない」
  • ・「とにかく教授の主張に反対する意見をテストに書かないことが重要」
  • ・「どんなにレポートがよくても、授業中に一度でも私語が発覚したら絶対に単位をくれない」

などの教授人のクセや、単位の取りやすさについて教えてもらえます。

1年間に履修できる単位数に上限がある場合がある

大学によっては、1年間に履修できる単位数に上限がある場合があります。

1年生のうちに4年分の履修計画をしておかないと、「上限に引っかかってしまい、卒業が危うい」という状況をまねきかねません。

大学3年になると就活、4年になると卒業論文の執筆も入ります。

「運転免許は1年生のうちに取りたいし。2年生で教育実習にもいきたい。取りたい資格が他にもある」という場合は、入念に計画を立てておくべきでしょう。

「履修登録」は前期も後期も期間に余裕を持って行う

「履修登録」は定められた期日内に行わなければなりません。期日にはなるべく余裕をもって登録しましょう。

期日ぎりぎりになって登録しようとした場合、インターネット回線が混み合うなどのトラブルがあると命取りになります。日程には余裕をもって登録しましょう。

1年目は単位取得を優先する

大学を卒業するためには、所定の単位数を取得する必要があります。単位取得は4年かけて行えばいいのですが、4年生になると就職活動に時間を取られることも多く、単位数が足りていないととても忙しくなります。

1年生のときからしっかり授業に出て、多くの単位を取得するよう心掛けましょう。

「履修登録」あるある体験談

「履修登録」で「やってしまった!!」という体験談にはこんなものがあります。聞いただけで背筋が寒くなるものもあり、気をつけておきたいですね。

  • ・似たような科目名の別の科目を履修登録してしまった
  • ・必修科目を取ったつもりがとっていなかった
  • ・就活が終わって安心していたら、後期の履修登録を忘れていた
  • ・資格に必要な自由選択科目と必修科目が重なってしまった

履修登録期間内の登録を忘れていたというのが一番ゾクっとしますが、資格取得に必要な単位を後回しにしていたら卒業必修と重なり、どちらか一方を選ばなければいけなくなったというのも涙を誘いますね。

「履修登録のあるある」に関しては、こちらの記事も参考にしてください「新入生がやりがち! 履修登録の失敗あるある8選

「履修登録」を忘れた場合はどうすれば?

繰り返しになりますが、履修登録は全ての学生に必要な手続きです。大学に登録が受理されていないと、たとえその授業を受けたとしても単位が認定されません。ですので履修登録は忘れず、確実に期間内に済ませる必要があります。

にも関わらず、「履修登録」を忘れてしまった場合は、大学の教務課に連絡して謝罪、今から履修登録ができないかお願いすることになります。

反省文を提出した上で履修登録が認められる場合もありますが……。できるだけ、忘れないようにしたいですね。

履修登録修正期間内であれば追加・削除・変更は可能

「必要のない単位を履修登録してしまった」「人気科目の受講に落ちてしまったので、別の科目を入れたい」「必修科目の受講を忘れていた」といった場合は、「履修登録修正期間」に「追加・削除・変更」の手続きをしましょう。

「履修登録修正期間」は、大学の公式HPや教務課にお知らせがあります。これに関しても期間厳守であり、追加・削除・変更ができない科目もあることに注意してください。

履修登録忘れは命取り!わからない場合は教務課に問い合わせて

履修登録は大学で授業を受けるために必須の手続きです。

期間に多少の余裕はありますが、期日内に登録できていないと想像以上に大きいペナルティーを受けます。

今後の人生の方向性を決めることにもつながりますので、慎重に余裕をもって登録を済ませましょう。

▼Uber Eats を頼もう!人気の料理をどこでもお届け
【a】Uber Eats フード注文

プロのマナー講師監修!学生生活のメールや電話でのコミュニケーションに役立つ
『メール&電話例文完全テンプレート集』配布中!


▼無料ダウンロードはコチラから▼

学生生活テンプレートをダウンロード

関連記事

「入学・新生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催