ミディアムヘアの就活アレンジ

ミディアムヘアの就活アレンジ

2015/03/11

ヘアメイクの基本

サイドのヘアが耳たぶにかかるくらいから、鎖骨くらいまでの長さのミディアムヘア。普段はコテで巻いたり、パーマをかけたりダウンスタイルを楽しんでいるけれど、就活ではダウン、アップ、ハーフアップ、どんなアレンジが正解?

そこで、面接官に好印象を持ってもらえるミディアムヘアのアレンジ方法を、雑誌や広告、講師としても活躍中のヘアメイクアップアーティスト江頭亮子さんに伝授してもらいました。

1.ダウンスタイルもアップも、清潔感や艶を大切に

アレンジのバリエーションが少ないミディアムヘア。1つにまとめられる人はゴムを使ってまとめましょう。短い毛先はシニヨンの上からカバーするためのシニヨンネットの中に入れこみます。そうすることで、バラバラとした毛先をすっきりと見せる効果が生まれます。1つにまとめられない人はダウンスタイルでもOK! ただ、大切なのは清潔感。毛先が寝グセでハネていたり、うねったままというのは避けましょう。当然、毛先のパサつきもマイナスイメージにつながります。きれいに整えられた印象を与えるために、毛先はヘアアイロンやヘアドライヤーを使って内巻きに。ヘアアイロンはヘアドライヤーでブローするより簡単で、艶も出しやすいのでおすすめです。毛先の傷みが気になる人は、夜シャンプーしタオルドライした後、毛先にオイルをつけると、より毛先が落ち着きます。サイドのヘアは耳にかけること。お辞儀をしたときに落ちてこないよう、ヘアピンや固形ワックスで固定しましょう。


2.前髪は顔の表情をできるだけ明るく見せるように意識して

前髪が眉毛くらいの長さの場合、サイドに流して眉毛を出し、顔の表情を明るく見せるようにしましょう。落ちてこないように固形ワックスやハードスプレーを使って固定。前髪が長い人はオールバックも良いでしょう。


後ろでヘアをまとめきれない人はダウンスタイルでも問題ありません。注意点として、まとめ髪と共通して言えることは、面接時に髪の毛が落ちてこないようしっかりとセットすること。また毛先がパサついて見えないこと。どちらもきちんと整えることで清潔感を演出できます。面接の当日バタつかないよう、事前に何度かヘアセットの練習をしておくといいですよ。


【おすすめグッズ】

シニヨンネット、ヘアアイロン、直塗りができるスティックタイプの固形ワックス


文・吉田奈央


【プロフィール】

ヘア&メイクアップアーティスト

江頭亮子さん

SASHU、バンタン等のヘアメイクスクールを卒業後、ケサランパサランにて店頭美容アドバイザー並びに社内教育トレーナーを歴任する。ピーズアップ誌等のマガジン、ユナイテッドアローズやアルビオン等のカタログや広告の撮影、ブライダルメイク、そして講師業も手がける。また、パリコレクション DIORショー への参加など、多岐に渡り活躍中。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ