「毎週土日が休み」ではない!? 週休二日制の意味

「毎週土日が休み」ではない!? 週休二日制の意味

2015/06/19

ニュース&コラム

関連キーワード:

「毎週土日が休み」ではない!? 週休二日制の意味

募集要項などに「週休二日制」と書かれていることがありますが、これは、どういう意味なのでしょうか。転職コンサルタントの西田正晴さんにお聞きしました。

「週休二日制」で「土日祝」と記載されていれば、毎週土日プラス祝日も休日です。

しかし、「週休二日制」や「完全週休二日制」と記載されていても「土日祝」の記載がなければ、ほぼ間違いなく土日祝日のすべてまたはいずれかが出勤の企業です。

中小企業でしたら、毎月第一と第三土曜日出勤、毎月いずれかの土曜日出勤のところが多く、「週休二日制」と記載があっても注意書きがあるかどうかを確認してください。

また、不動産業界は水曜日を定休日とし、その他平日1日を休日とした業界で取り決めたカレンダーを作成して使用しています。土日祝はほぼ出勤となっているはずです。年末年始に一般企業よりも多く休日を設定して110日以上を確保しているところが多い傾向にあります。週休二日制で土日祝を含めて120日以上ある企業に比べて、休日が少ない分、年収は他の業界よりも高めに設定していると思います。


「毎週土日が休み」ではない!? 週休二日制の意味

西田正晴さんプロフィール(http://profile.ne.jp/pf/halnishida/)

転職コンサルタント。営業・経営コンサルタント・購買・生産計画など様々な業務に従事した後、転職経験を活かすために転職コンサルタントとなり、19年以上のキャリアを積む。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ