就活で封筒に宛名を書くペンはどれがおすすめ?

就活で封筒に宛名を書くペンはどれがおすすめ?

2019/05/24

就活マナー

就活の悩み・疑問

就活の基礎知識

就活の際、書類選考が企業とのファーストコンタクトになります。では、A4サイズの書類が入った封筒に宛名を書くペンはどれがよいのでしょうか?

就活で封筒に宛名を書くペンはどれがおすすめ?

この記事では、封筒に宛名を書くペンに注目してみました。太さはどのくらいか、使用してはいけないペンはなにか、詳しくご紹介しています。

就活中の郵送物の宛名を書くときのペンに注目してみました!

大切な履歴書やエントリーシートをきちんと届けるためには、宛名を書くペンにも注意しないといけません。「ペンなんてなんでもいいから、普段使っているボールペンにしよう」という判断も間違ってはいませんが、場合によっては文字が消えてしまったり、にじんでしまったりして、正しく理解してもらえないというケースもあります。

さらに、字の太さ・大きさ・色などによって見た目や相手に与える印象は変わります。就活であれば、できることなら丁寧な印象を与えたいものです。

黒の油性サインペン!

封筒を書くペンは、黒の油性サインペンがいいでしょう。耐水性もバツグンですし、太すぎず細すぎず、適度な読みやすい字を書くことができるでしょう。

黒の油性サインペンはビジネスシーンでよく使われるので、採用担当者にとっても身近な存在だといえます。なお、水性のサインペンだと、雨で文字がにじんでしまうこともあるので、どんなシチュエーションでも安心な、黒の油性サインペンがおすすめです。

宛名は黒色のペンを使って書きますが、「履歴書在中」という文字は、赤色のペンで書くようにします。また100円ショップなどで専用のスタンプが売られているので、それを利用してもよいでしょう。いずれにしても、宛名は黒色で、「履歴書在中」は赤色で書くことを覚えておきましょう。

郵送物は見えやすさが大切なので、サインペンの太さも意識しましょう。明確なルールがあるというわけではありませんが、一般的に「中・細」か「0.5~0.7ミリ」と表記されているものを選ぶのが無難です。

太すぎると画数の多い漢字がつぶれてしまいますし、細すぎると弱々しく頼りない印象を与えてしまいます。サインペンを選ぶ際は、そのあたりにも注意してみましょう。

封筒の宛名を書く際に使うペンは重要

では、サインペン以外には、どのようなペンがあるのでしょうか? それぞれの特徴を見ていきましょう。

履歴書や職務経歴書を書くときは、ボールペンを使用しても問題ありませんが、字が細すぎるのでA4サイズの封筒の宛名書きには適していません。ボールペンはあくまでも「書類用」と覚えておいてもいいかもしれません。

次に、マジックは太すぎで読みにくい印象を与えてしまいます。また、封筒の中にまでインクが染みてしまうこと危険性も。

筆ペンは、ビジネスシーンで使う機会があまりないので、履歴書やエントリーシートが入った封筒の宛名書きとしては、不釣り合いな印象を与えます。また万年筆は水に濡れるとにじんでしまいます。郵送するときに雨などで濡れてしまうと、正しく配達されないかもしれませんので、耐水性のある油性のサインペンをおすすめします。

まとめ

A4サイズの書類が入った封筒に宛名を書く際は、黒色の油性のサインペンが好ましいようです。「中・細」か「0.5~0.7ミリ」の太さがよいですが、明確な決まりがあるわけではないので、書きやすさを重視するといいでしょう。太すぎず、細すぎず、適切な読みやすい字を書けるようなペンを選んでくださいね! 

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ