履歴書の封筒に宛先・宛名を書く時、どんなペンを使えばいいの?

履歴書の封筒に宛先・宛名を書く時、どんなペンを使えばいいの?

2021/01/19

就活マナー

履歴書を入れた封筒を企業に送ると、最初に人事担当者は封筒に書かれた宛先・宛名を目にします。丁寧な印象を与えるためには、どんなペンを使うのがよいのでしょうか。ここでは、封筒の宛先・宛名書きに適したペンの種類や太さ、色について、また、使ってはいけないペンについても説明します。

黒の油性サインペンが最適

筆記用具には多くの種類がありますが、封筒に宛先・宛名を書く時は、黒の油性サインペンを使用するのがよいでしょう。耐水性に優れ、文字がかすれることなく、太すぎず細すぎず、読みやすい宛先・宛名を書くことができ最適です。水性のサインペンでは、郵送中に雨などで文字がにじんでしまう可能性があり、お勧めできません。

封筒の表面には、宛先・宛名のほかに、「履歴書在中」または「応募書類在中」と書きます。これは、封筒に何が入っているかを明確にするため、赤色のペンを使用します。人事担当者も内容物が何かすぐに判断できますので、マナーとして覚えておきましょう。また、100円ショップなどで専用スタンプを販売していますので、それを使用するのも便利でしょう。

太すぎず細すぎずはどのくらい?

宛先・宛名を書く時の文字の太さに明確な基準はありません。しかし、太すぎれば、漢字が潰れてしまったり、細すぎれば、頼りない印象の文字になってしまいます。相手が読みやすく、自分も書きやすい太さの目安はどのくらいなのでしょうか。

ペンの太さの表記は、「太」「中」「細」やミリ単位などメーカーによってさまざまです。太すぎず細すぎずの目安としていいのは、「中」「細」、ミリ単位なら0.5mm~0.7mm程度でしょう。あくまでも目安なので、文房具店などで必ず試し書きをして、ベストな太さのペンを選ぶようにしましょう。

宛先・宛名を書く時に使ってはいけないペンは?

封筒に宛先・宛名を書く時には黒の油性サインペンが最適だとここまで説明してきました。ではボールペン、マジック、筆ペンではなぜいけないのでしょうか。それぞれの特徴から説明しましょう。

まずはボールペンですが、字が細すぎて読みづらく弱々しい印象になるので、封筒の宛先・宛名書きには適していません。履歴書自体を書くときは、ボールペンを使用しても問題ありません。

次にマジックは、太すぎて読みにくく、細かい字が書きづらいです。封筒の中の書類にまでインクが染みてしまうこと可能性もあります。

筆ペンは丁寧な印象ですが、履歴書やエントリーシートを入れた封筒の宛先・宛名書きとしては、常識的に違和感を与えます。耐水性にも問題があります。

まとめ

・履歴書や応募書類を入れる封筒に宛先・宛名を書く時は、
 黒の油性サインペンが最適です。

・ペンの太さは、メーカーによって表記が異なりますが、
 「中」か「細」、ミリ単位なら0.5mm~0.7mm程度が目安です。

・ボールペン、マジック、筆ペンなど、宛先・宛名書きには
 適さない筆記用具がありますので、注意しましょう。

・太すぎず細すぎないペンを選んで、丁寧に読みやすい字を
 書くように心がけましょう。 

上記のポイントをわきまえて、採用担当者に丁寧な印象を与えるられるようにしましょう。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ