就活の面接でよく聞かれる質問20! 回答例から入室~退室マナーまでチェック

就活の面接でよく聞かれる質問20! 回答例から入室~退室マナーまでチェック

2018/04/09

就活マナー

面接

価値観を聞く質問

・質問の意図
価値観を聞く質問はすべてあなたがどのようなことを大切にしているのか、何を目指しているのか、考えていることにぶれがないかなどを見られます。それぞれの回答で矛盾が生じていないかに気をつけて回答しましょう。

13.大学、学部を選んだ理由

・回答例
私が金融学部を選んだのは、世の中の流れとその力学を学びたかったからです。実際に学んでみて世の中が動くポイントに◯◯という共通点があることに気がつきました。入社できた際にはこの考えを応用して、御社の◯◯(業務)にも活かしていきたいと思っております。

14.選社軸

・回答例
私が就職先に求めることは、さまざまな意見をフラットに受け入れる土壌です。成長し続ける企業は、社員自らが考えて行動するという特徴があると思っているためです。自分自身もその環境に身を置くことで貪欲に成長していきたいと思っているため、企業選びの軸としています。

15.第一志望や選考状況

・回答例
私は現在◯◯業界を中心に就職活動を行っております。特に私が着目している素材◯◯を使った製品で世界中に便利を届けたいと思っており、その製品を手がける企業を中心にしております。企業は現在5社中2社内定、1社が二次選考、2社が最終面接を受ける段階です。
数ある企業の中でも、特に◯◯製品を多く世界に提供している御社に最も魅力を感じております。

16.ニュースや本で印象に残っているもの

・回答例
最近読んだニュースで印象に残っているものは、日本政府に対する海外の評価と国内の評価の差です。普段は国内での政権批判などを耳にする機会が多いため、評価が低いように感じますが、海外では非常に評価が高いことを見ると、1つの物事に対しても多面的な視点をもっておくことの重要性を感じます。バイアスがかかった情報を受け取っている危険性に自分で気がつくことは、社会人になって判断を下すときに必要になるのではと思っております。

17.趣味、特技、休日の過ごし方

・回答例
趣味特技は料理で、休日は友人を呼んでホームパーティーをするのを楽しんでいます。料理では段取り面で学ぶことが多く、準備が9割などというように仕事に共通する部分が多いと感じます。また、友人の友人を呼んでもらって初めての人との会話を楽しむこともできるため、新たな考え方や人脈を作ることができています。きっと10年後に自分の見識を広げてくれる種になるのでは、と思って楽しんでいます。

18.働くことをどう捉えているか

・回答例
働くことは、生きることを凝縮している行為だと思っております。生きるだけで他者に支えられながらさまざまなことを学び、そして社会に返していく。そのサイクルを早く回し、より多くの学びを得てフィードバックしていく行動で、自身を大きく成長させることができると考えております。

19.尊敬する人は誰か

・回答例
尊敬する人はアリババ社長のジャック・マーさんです。若い頃はどんな就職試験にも一人だけ落ちてしまっていたけれど、10年後に勝つと決めて諦めずに努力を続け、今の立場にいらっしゃると知ったからです。その不屈の精神を学び、どんな逆境に立たされても10年後に勝つことに切り替えて乗り越えていきたいと感じました。

20.社会人に必要なこと

・回答例
社会人に必要なことは、自分で課題を設定することだと思っています。アルバイト先の社員さんで毎月コンスタントに成績を上げる方がおり、その方に仕事で気をつけていることを聞いたときに大きなゴールと小さなゴールを作ることと教えていただきました。

仕事に慣れてくると人はつい、新しい目標を立てずに今までと同じ方法で仕事を行おうと考えてしまいがちです。しかし、その方のように「自らの課題は何か」と常に考えていけば、成長幅を緩めずに成長し続けられるのだと感じます。

面接でよく質問される、20問の回答例をご紹介しました。参考にして自分なりの答えを見つけてみてくださいね。

次のページ入室~退出までの基本マナーは?

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ