就活で大切な証明写真! プロカメラマンに聞く、好印象を残すコツまとめ

就活で大切な証明写真! プロカメラマンに聞く、好印象を残すコツまとめ

2017/03/13

就活hack

就活で大切な証明写真! プロカメラマンに聞く、好印象を残すコツまとめ

就活では履歴書に貼付するための証明写真が必要になります。プロカメラマン・スタイリストのいる写真スタジオで撮影する場合はいいのですが、証明写真機やコンビニのプリントサービスを利用することも少なくないでしょう。その場合、人事担当者に好印象を残す「いい証明写真」をどのように撮るかが問題ですね。今回は就活生のみなさんに「いい証明写真」を撮るためのノウハウをご紹介します。

▼こちらもチェック!
証明写真の値段はどれくらい? セルフの写真機とスタジオ撮影の違いとは

■自然な笑顔を心掛け、身だしなみは「清潔感」に注意!

人事担当者に好印象を与える証明写真を撮るには、以下のような点に注意しましょう。

<好印象な証明写真の基本>
●口角を上げて笑顔で写る
●目線をしっかりとカメラに向けて写る
●清潔感のある髪形、身だしなみで写る
●光を十分回した明るい写真にする

まず自然な笑顔で写ることを何よりも心掛けましょう。ただし、歯を見せて笑い過ぎてはいけません。人間は相手が笑っているとこちらも自然と笑顔になります。就活の書類選考の段階で、あなたの履歴書を見て思わずほほ笑んでしまうような写真を目指しましょう。また、写る際にはしっかりカメラ目線であることに注意します。レンズを通して相手の目を見ている感じです。ほほ笑みながらレンズをしっかり見る、これを意識すればカメラ写りはかなりよくなります。

髪形と身だしなみで気を付けるのは「清潔感」です。以下のような点をチェックしてから撮影に臨んでください。

<就活で好印象を残す証明写真のポイント>

●就活スーツ着用
●耳を出して写る
●髪がはねていないか、乱れていないか
●おでこは出す・前髪をできるだけすっきりさせる
●長髪の女性は髪を束ねる・横や後ろに流す
●アクセサリーは外すのが基本・着ける場合はシンプルで目立たないもの
●スーツにしわ・汚れがないか
●スーツの肩口にふけ・ほこりなどがないか
●シャツは白が基本
●シャツにしわ・汚れがないか
■プロがすすめる証明写真の撮り方

次のページプロカメラマン直伝! 証明写真をきれいに撮るコツ

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ