圧迫面接の逆? 腰が低すぎてびっくりした人事・面接官の対応4選

圧迫面接の逆? 腰が低すぎてびっくりした人事・面接官の対応4選

2016/11/10

就活hack

面接官が高圧的態度や威圧感を出して相手を困らせる“圧迫面接"。実は応募者にたいして意地悪をしているわけではなく、臨機応変な対応ができるか、ストレスに耐えられるかなどのテストをしています。しかし企業や面接官によってはまったく逆のパターンもあるそうです……そこで実際に体験した「面接官の腰が低すぎてビックリした対応4選」をご紹介していきます。

▼こちらもおすすめ!
面接で「自分を動物で例えると何?」と聞かれたら、なんて答える? 「あなたを動物で例えると」診断

◆腰が低すぎてびっくりした人事・面接官の対応にはどんなものがありましたか?

●入社してほしいとその場で選考通過を言ってきた

・他企業だと1ヶ月待たされたから(22歳/大学4年生/女性)
・ぜひ入社してほしいという思いが伝わってきたから(22歳/大学4年生/女性)
・褒められることが多く、それをここで活かせるよと何度も言われた(23歳/大学院生/女性)
・そうまでして入って欲しいのかと軽い気持ちで受けた企業だったので驚いた(21歳/大学4年生/女性)

●飲み物を出された

・普通、面接ではお茶など出てこないから(22歳/大学4年生/男性)
・飲んでも飲んでも足してくれるから(22歳/大学4年生/女性)
・喋ってるときでも自由に飲んでねと言われ驚いた(22歳/大学4年生/女性)
・面接で飲み物を出してくれるなんてどんなVIP待遇なんだろうと思ったから(21歳/大学4年生/男性)

次のページ3つ目はどんな対応?

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ