圧迫面接の逆? 腰が低すぎてびっくりした人事・面接官の対応4選

圧迫面接の逆? 腰が低すぎてびっくりした人事・面接官の対応4選

2016/11/10

面接

●食事をご馳走してくれる


・内定後にここまで囲い込み作戦をやることに驚いた(23歳/大学院生/男性)
・ほかの人にはしていなかったから(22歳/大学4年生/女性)
・一人一人への対応力(21歳/大学4年生/女性)
・嬉しかった(21歳/大学4年生/女性)

●すごく丁寧な言葉遣い&褒められる

・気楽にフレンドリーに話してくれる面接官もいたため(24歳/大学4年生/男性)
・他の場での面接で誉め言葉をかけてもらえたことがなかったから(21歳/大学4年生/女性)
・こちらからお願いしている立場なのに丁寧で驚いたから(24歳/大学院生/女性)
・圧迫が多かったのに、深々と礼をされたりしたから(22歳/大学4年生/女性)

腰が低すぎてビックリした体験、いろいろとありましたね。飲み物を出された『面接で飲み物を出してくれるなんてどんなVIP待遇なんだろう』というコメントからもわかるように、面接というよりはお客様をおもてなしするかのような対応が目立ちました。他にも褒めてくれたり食事をご馳走してくれたりと、本当に至れり尽くせりですね。

アンケートの回答者は内定をすでにいただいた人が主ですが、ほとんどの人が面接官の腰が低い対応を経験していることに驚きました。人気の一流企業は別にして、応募者の少ない会社にとって見れば、働き手となる若者の数が減少しており、いち早く労働力を確保したいための現象なんでしょうか。少子化が解消されない限りは、これからもその現象がしばらく続いていくことでしょう。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査日時:2016年11月
調査人数:社会人283人(男性116人、女性167人)

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ