「他にどんな企業を受けていますか?」の質問で、業種統一がない回答はマイナスか?

「他にどんな企業を受けていますか?」の質問で、業種統一がない回答はマイナスか?

2015/04/28

就活hack

ニュース&コラム

お役立ち情報

関連キーワード:

就活生の皆さんの疑問・質問を解消するため、Q&A方式でさまざまな就活の悩みにお答えします。今回は、「エントリーシートや面接での『他にどんな企業を受けていますか?』の質問に、希望業種に統一感がないとマイナスか?」という相談です。


<就活生からの質問>

エントリーシートや面接などで「他にどんな企業を受けていますか?」という質問があります。私は地元志向が強く、企業選びの軸を、業種よりも企業の地元貢献度で決めようと考えています。そこで質問です。志望する業種が定まっていないことで、評価がマイナスになることはありますか? もしマイナス評価になるようならばウソでも別企業の同一業種を受けていると述べた方がいいでしょうか? よろしくお願いします。

<就活の真実 事務局からの回答>

企業選びに「芯」と「背景」があること、それが重要です


基本的な考え方からお伝えします。採用担当者から見て

●企業選びの軸(選社軸)に芯があること

●その芯の考え方を導いた過去体験に納得感があること

この2点が重要です。また、内定を得る秘訣でもありますが、
「自分は○○という観点で企業を選んでいます」→「なぜなら過去の体験から○○と考えるようになったからです」→「○○で業界全体や企業を見た結果、御社が一番当てはまっています。だから志望しました」というストーリーがあると、志望理由として納得感を与えることができるでしょう。


それでは質問者様の問い合わせについて以下に回答します。


1.地元貢献度での企業選びについて
企業選びの芯が地元貢献という理由に良いも悪いもありません。ただし、志望企業が全国展開しているか否か、また職種が総合職か、地域限定職かついてしっかりと調べ考えたうえで志望し、その旨を人事に伝えることが重要です。質問者様が地元志向であると分かった途端に「ずっと地元にいたいのだな。当社は全国に支社がある。総合職としての転勤についてどう考えるだろう」という疑問が湧くでしょう。また逆に「当社は地場を中心に展開しているから、長く尽くしてくれるだろう」と考えることもあるわけです。重複しますが、全国展開している企業であれば、職種うんぬんよりも地域重視の時点でマイナス評価は発生することになるでしょう。


2.業種にこだわりがないことについて
志望業種が決まっていないことへのマイナス評価はあり得ますが、回避する方法はあります。それは志望企業が職種別の採用をせず(重視せず)、かつ地域に限定した企業である場合です。職種についても職種別採用でもしていない限り、配属が決まるまでどんな職種になるのか分からないケースがあります。とはいえ、「職種をイメージしていない=仕事理解が浅いのでは?」と考える人事がいても不思議ではありません。エントリーシートを出す前には、志望企業の業種や仕事の種類などの理解を深めておく必要はあるでしょう。 表現の仕方の問題ですが、「○○の仕事をしたいから、○○という職種を志望しています」という表現の仕方が分かりやすいでしょう。


3.ウソの申告について
ウソの申告の必要はありません。現在応募している中身の意味付けをしましょう。仮に業種や職種がバラバラでも何かしらの共通点を見いだして、「○○という選社軸(共通点)だから各社を選んでいます」というストーリー化は必要と考えます。


以上を踏まえ、企業は判断すると考えます。業種は異なっていても選社軸の共通点やストーリーを分かりやすく表現し、人事を納得させる努力をしましょう。頑張ってくださいね。



コンテンツ提供●プライマル株式会社「就活の真実2016」

「就活の真実2016」

「就活の真実」は、プライマル株式会社が提供する、1,300記事以上のノウハウを収録したスマホアプリ。就活生の実体験や、企業の人事担当者の本音などの内容が人気を博している。iOS版はApp Storeから、 Android版はGoogle Playから、それぞれ無料で入手可能。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ