今すぐ使える! 就活で日程変更するときのメールの書き方4選

今すぐ使える! 就活で日程変更するときのメールの書き方4選

2016/10/25

就活マナー講座

複数の企業に一度に応募する就活。面接の日程が被ってしまうことはよくあることですが、日程の変更をしてもらうってなんだか気まずい……実際に起こってから困らないよう、日程変更のビジネスメールの作り方や文章の作り方を確認しておきましょう。企業側も就活生がどのような状況か充分わかっていますので、失礼のないようにきちんと申し出れば、特に問題はありません。その際は、もちろん『こちらの都合で予定を変更してしていただく』ということを忘れずに、丁寧に日程変更メールを送りましょうね。

◆日程変更のメールはできるだけ早く送る

企業から指定された面接の日時、また、指定範囲期日の間で都合がつかないとわかったら、すぐに採用担当者または人事部へ「その日程で都合がつかない」という旨を伝えます。企業側も本来の仕事をすすめる時間を採用活動に割いて時間を作っていることを忘れてはいけません。予定や日程の変更の申し出は社会に出てからも起こりうる事態です。こういったときに、変更が必要ならすぐに連絡するというのがビジネスマナーです。早く連絡をすればするほど、人としての信用度もあがりますし、ギリギリの連絡は信用度を落とします。


◆まずは日程を変更することに対するお詫びを

最初に提示された日程で都合がつかないということに関しては、企業側もちゃんと理解してくれています。この日程で都合がつかないからといって「不採用!」なんてことにはなりませんので安心してください。まずはしっかりとお詫びして、再び面接の日程調整をしてもらうにあたって、丁寧にマナーを守った文面で申し出れば、問題ありません。日程変更に関しては、指定する日程等が形に残るよう、電話よりメールの方がよいです。「 ご多忙の中、折角日程のご調整とご連絡をいただきましたのに、申し訳ございません。」など、丁寧に謝罪の文を述べましょう。

次のページ参加できる日時の候補を提案しよう!

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ