就活中、心がけていて結果的に評価されたこと4選!

就活中、心がけていて結果的に評価されたこと4選!

2016/08/31

就活hack

いよいよ始まった就職活動。就活生、特に大学4年生は卒業論文と並行して就職活動を行うので慌ただしい一年となります。気になる企業へのエントリーシート作成後、いよいよ面接を受けることになりますが、その面接で「こうするといい」というような具体的な要点・注意点がわからないということはありませんか。今回は、就活経験済みの社会人から面接時に心がけたいポイントを伝授してもらいました! 

Q.就活中、心がけていて結果的に評価されたことはどんなことですか?

■表情豊かに、できるだけ笑顔を心がけること

・楽しそうに話すことで臨場感が伝わるし、面接官の反応も良かったから(23歳/小売店/女性)
・面接官や他の従業員から、初心に戻れるきっかけをありがとうといわれた(40代/不動産/男性)
・仕事時も大切だから(24歳/学校・教育関連/女性)
・ありがとうを言うとき自然に笑顔で言えるから(22歳/医療・福祉関連/女性)

■あいさつをちゃんとすること

・一番最初に必要だから(26歳/情報・IT関連/女性)
・最初にあなた元気ですねと声をかけられた(19歳/運輸・倉庫関連/女性)
・誰でもできることなのにやってる人が少なく印象に残る(25歳/金属・鉄鋼・化学関連/男性)
・印象が大事だから(25歳/金融・証券関連/男性)

次のページほかにもこんなポイントが!

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ