経験者に聞いた! 外資系企業で働くメリット&デメリット6つ

経験者に聞いた! 外資系企業で働くメリット&デメリット6つ

2016/06/02

ニュース&コラム

経験者に聞いた! 外資系企業で働くメリット&デメリット6つ

日本の企業と比べて、たくさんの違いがありそうな外資系企業。待遇がいい、 実力次第で稼げるなどのメリットもあれば、実績をつくらないとクビを切られるといったデメリットもありそうですよね。では実際に、外資系企業に就職した社会人はどんなことをメリット・デメリットと感じているのでしょうか? 外資系企業で働いた経験のある若手社会人にアンケートを実施して調べてみました!


■外資系企業で働くメリットを教えてください。

●実力主義

・男女の差が少ない。昇格などが平等(女性/24歳/その他)
・日本はがんばらなくても給料がもらえる場合が多いけど、外資系は違った(女性/26歳/商社・卸)
・成果が出れば割と自由(女性/29歳/マスコミ・広告)
・結果を出せば出すほど給料が増える(男性/25歳/小売店)

●ライトな関わり

・飲み会などかないところ。スイッチのオンオフがきちんとしてると思うから(男性/25歳/医療・福祉)
・ドロドロ・ダラダラとの日本企業の環境とは全く違う(男性/26歳/その他)
・仲間との集いが少ない(男性/22歳/ホテル・旅行・アミューズメント)
・取るに足らないくだらない飲み会がないこと。自分の時間が一番大切で、つまらないことに時間を割きたくないから(男性/26歳/金属・鉄鋼・化学)

●待遇・福利厚生がいい

・残業が少ない(男性/26歳/医療・福祉)
・働けば働くほどお金がもらえる(男性/25歳/小売店)
・時間外労働が少なくてすむ(女性/24歳/情報・IT)
・収入面がいい。お金がもらえるありがたさを感じるから(男性/27歳/アパレル・繊維)

次のページ一方、無視できないデメリットも……!

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ