【企業側の意図から考える】エントリーシート(ES)「他社の選考状況」欄の書き方

【企業側の意図から考える】エントリーシート(ES)「他社の選考状況」欄の書き方

2019/12/18

自己分析

就活の悩み・疑問

面接

関連キーワード:

就活生の皆さんから寄せられた疑問・質問を解消するため、Q&A方式でさまざまな就活の悩みにお答えします。今回は、「エントリーシート(以下、ES)で『他社で興味がある会社と選考状況』の記入欄には、同じ業界を書くべきか? 企業側の意図とは?」という質問です。


就活生からの質問

ESで「他社で興味がある会社とその選考状況」を記入する欄がありました。この欄には、同じ業界の企業を書くべきでしょうか?また、質問にはどのような意図がありますか?教えてください。

就活の真実 事務局からの回答

同じ業界が望ましいと考えられます。理由は......

ESの「他社で興味がある会社とその選考状況」欄ですが、 考えられる企業側の意図は下記です。

1.学生を確実に自社へ入社できるよう、競合企業の情報収集をするため

→選考が最終段階へと進んだ際に、質問者様の選考辞退や内定辞退を防止するための対策と考えられます。

2.自社への志望度をはかるため

→質問欄に書かれた他の企業や業界と、自社とがかけ離れていないかを見ます。そこから志望度合いをはかります。

3.志望理由の論理性・妥当性を見るため 
→上記2.に近い理由ですが、自社の志望理由と他の志望企業と比べて「論理性」「妥当性」を見ています。

そのため、ESの「他社で興味がある会社とその選考状況」の欄には、同じ業界の会社について記載することが望ましいと考えられます。

質問者様に明確な志望軸があれば、たとえ志望先が業界を横断するものであっても素直に記載することは悪いことではありません。『理由を問われたとき、明確に答えられるものであれば問題ない』とも言えます。要するに、一連の流れが分かり、納得できる志望先であることが重要なのです。


▼選考通過した先輩のESが見られる!

コンテンツ提供●プライマル株式会社「就活の真実2016」


「就活の真実2016」


「就活の真実」は、プライマル株式会社が提供する、1,300記事以上のノウハウを収録したスマホアプリ。就活生の実体験や、企業の人事担当者の本音などの内容が人気を博している。iOS版はApp Storeから、Android版はGoogle Playから、それぞれ無料で入手可能。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ