【美容師へのオーダー方法】きちんとした印象にみえる髪型にするには

【美容師へのオーダー方法】きちんとした印象にみえる髪型にするには

2015/03/30

就活hack

お役立ち情報

関連キーワード:

人は第一印象が9割、というのはよく耳にする言葉。その第一印象を大きく影響するものといえば……そう、髪型です。いくら面接での対応が素晴らしくても、髪型がだらしなければそれだけで印象は良くないものになってしまいます。じゃあ、第一印象を良くする髪形って?

今回お話を伺ったのは、美容師歴5年の黒谷さん(26歳/男性)。10代後半から20代前半のお客さんのカットを行うことも多く、実際に就活前の学生さんを担当することも多いのだとか。黒谷さんに「きちんとした印象に見える髪型」について男女別のポイントと、美容室でのオーダー方法について教えてもらいました!


■男性編

「両サイドの髪は耳にかからない程度にすっきりさせましょう。襟足は正面から見たときに見えるか見えないかくらいがベストです。いま流行りのサイドやバックを刈り上げたスタイルや、マッシュ系の髪型は、あまり万人受けする髪型ではないので避けるのがベターです」

男性の就活生の場合、基本は短髪。しかし、短ければ何でもいいというわけじゃないんですね。


■女性編

「女性は、前髪を横に流すと落ち着いた印象に見られやすくなります。また、額を見せることで顔に光が当たり、表情を明るく見せてくれる効果もあります。

髪をまとめる場合は、半乾きにしてから柔らかめのワックスを馴染ませると、ツヤもでてまとめやすくなります。その際、まとめる位置によって印象が変わります。耳を基準とし、耳より上部でまとめると華やかで元気な印象に、逆に耳より下部でまとめると落ち着いた大人っぽい雰囲気になります。志望する業界や、自分がどう見られたいかによって使い分けると良いでしょう」

髪を束ねた後に短い毛がぴょんぴょん飛び出てしまう……という方は、ぜひこの方法を試してみるのも良さそうです。

では最後に、美容室でオーダーする際のポイントを教えてください!


■美容室でのオーダー方法

「男性の場合は『すっきり』や『爽やか』などのワードを使ってオーダーすると良いでしょう。女性の場合は『落ち着いた』や『暗く見えない』などとオーダーすると、印象の良い髪型に仕上げてくれると思いますよ。もちろん、美容師には『就活なので』と一言添えるのをお忘れなく!」

美容師は髪型のプロ。自分がどう見られたいかをきちんと説明すれば、好印象の髪型に変身させてくれることでしょう。


■ひとことアドバイス

「毎年、『市販の黒染め剤を使って失敗した』と駆け込んでくる方がいます。市販の薬剤が悪いわけではないのですが、どうしても自分で染めるとムラになったり不自然なくらい真っ黒な髪になったりすることが多いです。美容院では黒に近いダークブラウンなど、不自然にならないブラウンカラーに染めることもできるので、自信がない人はプロに任せるのがおすすめです」

「おしゃれかどうか」よりも「清潔に見えるか」「明るくみえるか」「自分でセットしやすいか」などを考えることで、きっと就活に適した髪形になるはず。髪形一つで人の印象を大きく左右することもあるだけに、気を付けたいですね。

文●木村衣里+プレスラボ

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ