女性編集者に聞いた、女性ばかりの職場をうまく生き抜くコツ

女性編集者に聞いた、女性ばかりの職場をうまく生き抜くコツ

2015/03/23

ニュース&コラム

関連キーワード:

女性ばかりの職場と聞いて、どんなイメージを持ちますか? 女性ばかりの華やかな雰囲気! その一方で、最近話題にもなったドラマ「ファーストクラス」の印象から、「マウンティング女子」の熾烈な争いもありそう。もしも自分が女ばかりの職場に就いたときに気をつけるべきこととは? 女ばかりの職場をいくつも経験してきた、某女性誌の元編集長Sさんに、聞いてみました。

その1【社内の文句を気軽に言うべからず!】

具体的に女性の職場で一番特徴的なことと言えば、噂話や陰口が多いことですね。女性は元来おしゃべり好きですし、それがストレス解消の意味合いもありますから仕方ないかもしれません。『絶対に言わないで』などと口止めしていたことが知らずに上司や先輩の耳に入ってしまった、なんてことも多々あるので気をつけましょう」

Sさんいわく、たとえ「この人は信頼できる」と思っても、ネガティブなことを言うのはなるべく避けたほうがいいとのこと。「悪い噂ばかりする人」という印象をもたれてしまいますし、誰に伝わってしまうかもわかりません。警戒されるよりも、明るい話題を振りまく人になったほうが間違いなくトクです。

その2【台風が過ぎ去るのをじっと待つべし】

「もしも、自分が女上司から目を付けられてしまったとしましょう。その時はじっと静かに台風が過ぎるのを待つのがベストですね。必ず台風は過ぎ去ってくれます。あくまでも会社は仕事をする場ですから、目の前の与えられたことに集中するのが先決。その上で、同期や同僚、先輩と円満かつ馴染めるようになりたいのなら、相手との共通点を探すことをおすすめします。出身地や出身校、好きなタレントや趣味など何でもいいのです。それらを話の糸口にしてみてください。そして、徹底的に相手の話を聞いてあげること! ちなみに絶対に注意してほしいのが、女性に対する年齢の話! 思わぬトラブルを生みかねません。それから、旅行に行った時にお土産を渡す、なんていう『物攻撃』も案外女性には効くと思いますよ」

まずは仕事第一。その上で細かい心遣いとコミュニケーションを心がければ人間関係を円滑にしてくれるはず。

次のページその3【最初はあまり○○を出しすぎるべからず】

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ