大学に飛び級・飛び入学する方法は? 日本の飛び級・飛び入学制度や実施大学を紹介

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

海外ではまれに「天才小学生が大学に入学!」なんて報道があったりします。いわゆる「飛び入学」というものですね。そんな大学への「飛び入学」ですが、日本ではほとんど聞きません。それゆえに「日本では飛び級制度がない」と思っている人もいたりします。では実際のところはどうなのでしょうか?あまり知られていない日本の大学・大学院への飛び級制度について調べてみました。

日本にも飛び級制度があるのか?

文部科学省によると、日本にも「飛び入学」という制度が設けられています。これは「学校教育法」で定められているもので、

“特定の分野について特に優れた資質を有する学生が高等学校を卒業しなくても大学に、大学を卒業しなくても大学院に、それぞれ入学することができる制度。文部科学省「飛び入学について」

といった内容です。特に優れた資質があれば高校を卒業しなくても大学に入学できるし、大学を卒業しなくても大学院に入れてしまうのです。では飛び入学を果たすためには、どんな条件をクリアしないといけないのでしょうか?

大学への飛び入学対象者の要件

大学への飛び入学対象者の要件

大学に飛び入学するための要件は、以下のとおりです。

=大学への飛び入学の要件=

・高校に2年以上在学したこと
・大学の定める分野における特に優れた資質を有すること

※学校教育法、学校教育法施行規則による

大学へ飛び入学をするにはこの2つの条件を満たしている必要があります。一番のポイントは「特に優れた資質」でしょう。これは文部科学省によれば「特定の分野で他に抜きん出て優れた才能」ということで、「通常の試験で高得点を取ること」を想定しているわけではありません。

●特に優れた資質として考えられる具体例
・国際的なコンテストにおける実績
・スポーツや芸術分野における国内外のコンテストの顕著な成績

このように国際的レベルでの何らかの成績を挙げる人ならば、早くに大学への門戸を開きましょう、ということですね。

高卒認定試験からの飛び入学について

高卒認定試験(旧・大検)は、現行制度では高校生も受験できるようになっています。「高卒認定試験に合格すれば大学に飛び入学できるのでは?」と考える人もいるかもしれませんね。

先ほどのおさらいですが、大学への飛び入学の要件として「高校に2年以上在学したこと」とありました。つまり、そもそも高校2年までを全うしていれば高卒認定試験いかんにかかわらず、飛び入学の対象となり得ることになります。

では高校2年までを全うしていない人についてはどうでしょう。
大学への飛び入学の要件「高校に2年以上在学したこと」には、実は補足があります。

高等学校に2年以上在学した者(またはこれに準ずる者)

「これに準ずる者」の中に、高卒認定試験も含まれているのです!免除科目以外の科目について全て合格点を取ること、なおかつ17歳に達した人という要件もついています。この要件をクリアすれば、飛び入学の対象になり得ます。高卒認定試験も飛び入学に役立つということですね。

受け入れ大学に求められる要件

受け入れ大学に求められる要件

才能ある優秀な学生を受け入れるとあって、大学の方でもきちんとした受け入れ体制を整えることが重要となるのは言うまでもありません。

では、受け入れ側になる大学にはどんな条件が設けられているのでしょうか?

=受け入れ大学に求められる要件=

・大学院が置かれ、かつ教育研究上の実績及び指導体制を有すること
・特に優れた資質の認定に当たって、高等学校の校長の推薦を求めるなど、制度の適切な運用を工夫していること
・自己点検・評価の実施及びその結果の公表を行うこと

受け入れる大学側にはこのような条件が設けられています。抜きん出た才能のある学生を早期に受け入れるわけですから、大学の方も責任重大。受け入れようとする分野で既に実績があるかどうか、指導体制や評価システムが整っているかなどが問われることになります。

実際に飛び入学を実施している大学はどこ?

実施している大学

令和2(2020)年度入試における「飛び入学実施大学」は以下の8大学のみ。

大学名 学部
千葉大学(国立) 文学部・理学部・工学部・園芸学部
名城大学(私立) 理工学部
エリザベト音楽大学(私立) 音楽学部
会津大学(公立) コンピュータ理工学部
日本体育大学(私立) 体育学部
東京藝術大学(国立) 音楽学部
京都大学(国立) 医学部
桐朋学園大学(私立) 音楽学部

フタを開けてみると、実際に飛び入学制度を導入している大学はほんの一握り。千葉大学は4学部で実施しており、比較的導入が進んでいることが分かります。それから学部としては音楽学部が多いのも特徴と言えるでしょう。

大学院への飛び入学制度について

冒頭でお伝えしたように「大学院」にも飛び入学制度があり、大学を卒業しなくても大学院に入学することができます。大学院に飛び入学するための要件は次のとおりです。

=大学院への飛び入学の要件=

・大学に3年以上在学したこと
・大学院が定める単位を優秀な成績で修得したこと


大学には3年以上在学しなければならないため、最後の4年生だけを飛び超えて大学院に行くことができるということになります。そして、大学院側に求められる要件は次のとおり。

=受け入れる大学院に求められる要件=

・優秀な成績で修得すべき大学院が定める単位をあらかじめ公表するなど、制度の適切な運用について配慮していること
・自己点検・評価の実施及びその結果の公表を行うこと


「大学」の飛び入学は本当に限られており、実質的には不可能に近いともいえる状況。それに対して「大学院」の飛び入学は経験者も多く、比較的活用が進んでいるようですよ。

まとめ

日本の飛び級制度、意外と「知らなかった」という人も多いかと思います。日本には「大学への飛び入学」「大学院への飛び入学」という制度があることが分かりました。高校からの飛び入学は、よほどの才能の持ち主でないと難しいかもしれませんが、優秀なあなたになら大学院への飛び入学を果たすことができるかもしれませんよ。

▶︎参考資料
文部科学省「飛び入学について」
文部科学省「飛び入学制度に関するQ&A」
e-Gov法令検索「学校教育法」
e-Gov法令検索「学校教育法施行規則」
文部科学省「大学への早期入学(飛び入学)制度の適切な運用及びその活用の在り方について」

マイナビ学生の窓口編集部

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催