大学の「薬学部」の学費を徹底解説! やっぱり高い? 私立と国立の差は? 3ページ目

編集部:いとり

お気に入り!

あとで読む

目次
  1. ●慶應義塾大学薬学部薬学科の学費(6年制)
  2. 東京理科大学の学費は?
  3. 国立大学の薬学部の学費は?

■私立に比べると圧倒的に安い国公立の薬学部

私立大学の薬学部は、薬剤師を目指す6年制で約1,200万円、創薬などを目的とする科学者を目指す4年制は約700万円でしたが、国公立大学の薬学部はどうなっているのでしょうか?

国立大学の薬学部の中でも最高峰とされている東京大学の学費は、

・入学金……28万2,000円
・授業料……53万5,800円

合計……81万7,800円

以上が初年度に必要になる学費です。次年度以降は授業料53万5,800円を納める形となり、6年制の薬学科はトータルでは、

●349万6,800円

4年制の薬科学科はトータルで、

●242万5,200円

となります。

国立大学の場合、入学金や授業料は省令で定められているため、東京大学以外の国立大学も同じ金額になります。また公立大学の場合は、授業料は国立大学と同じですが、その学生が大学のある都道府県出身であるかどうかで入学金の額が変わります。また、その入学金自体も大学によって異なり、中には同じ公立大学でも、入学金に約10万円ほど差がある場合も。そのため、同じ公立大学の薬学部でも、初年度に必要になる学費に大きな差が出るケースもあります。

意外と知らない薬学部の学費についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。私立大の場合、同じ医学系の分野である医学部よりは学費は掛かりませんが、それでも高いと思える金額ですよね。将来薬学部に進学を希望している人は、卒業までに学費だけでこれだけ必要だということを覚えておいてください。

▼無料登録してもらえる! バイトするなら知っておきたいお金の知識


(中田ボンベ@dcp)

1 3

関連記事

「学割・プレゼント」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催