2021年05月25日 更新

一人暮らしの空間をすっきりさせる! 収納アイデアと便利グッズを紹介

一人暮らしで困る、収納スペースの確保の仕方。ワンルームにあふれる服や小物を上手に収納するコツ、クローゼットやキッチンの収納アイデアを整理収納コンサルタントが解説します! 100円ショップで購入できる収納アイテムもご紹介。

一人暮らしをするにあたり悩みの種となる「収納スペース」。6畳前後のワンルームはどうしても手狭で、服や小物が散乱しがちに……。そこで今回は「一人暮らしの収納術」をテーマに、片付けのコツや便利な収納アイテムをご紹介します。クローゼットやキッチンの収納アイデアもまとめているので、ぜひ参考にしてくださいね。
監修:小林朗子 整理収納コンサルタント・一人暮らしアドバイザー

マンションデベロッパー、不動産仲介、リフォーム業界などを経て、現在は自宅やオフィスの整理収納コンサルティングを行う。実務作業が主な活動で、引っ越し・模様替え・衣替え・事務所移転などでお困りの方のお宅にて片付け作業を実施。新築マンションやリノベーションなどの住宅関連企業様とのセミナー開催やコラムの執筆等も行っている。

抑えておきたい一人暮らしの収納ルール!

一人暮らしの限られたスペースの中でもすっきりとした部屋をつくるための、心がけておきたい収納ルールををご紹介します。

1)まずは「ものの整理と分類」を

ものが多すぎる人は、収納方法を考える前に持っているものを把握して整理しましょう。全部のものを見える場所に出すと、使っていないものがあることや、同じものが複数あることに気付けます。
小林さん

また、全部出したからこそ使う場所やシーンごとにものを分類して収納しなおすことが可能に。キッチンで使うものが洗面所に置いてある……なんてこともなくなるので、出し入れが簡単になり散らかりにくい部屋になりますよ。

2)収納する「ゾーン」を決める!

使ったものをそのままぽいっと置いてしまってどんどん散らかってしまう人も多いのでは。そんな人は、収納する場所をきっちりと決めすぎずに「ゾーン」で区分けして収納するのがおすすめです。
小林さん

ものを使う場所に「よく使う日用品ゾーン」や「一軍の服を置くゾーン」などと使用頻度で分けるだけで、使いやすく片づけたくなる収納になりますよ。

3)収納アイテムは、スペースに合ったサイズのものを

便利そうな収納アイテムを買ってみたけれど、いざ収納しようとしたらサイズが合わない、結局使わなかった……なんてこともよくある収納失敗談です。そうならないために、収納するものとゾーンが決まったこの段階で、なにをどこにしまうのかイメージして収納アイテムを購入しましょう。便利な収納アイテムも、使えなければ場所を取るものになってしまうので注意が必要。

4)よく使うものは「見せる収納」で使いやすく

収納スペースが限られている一人暮らしだからこそ、しまいこまないで「見せる収納」も活用することが大切です。アクセサリーや化粧品、お気に入りの服やバッグ、帽子などは、部屋のなかに置いておいてもインテリアのようになり、出し入れもしやすく便利に!
小林さん

また、自分がどんなものを持っているのかも目で見て把握できるので、似たようなものを購入してしまったり、使う機会を逃したりすることも防げます。使っていないと傷んでしまうこともあるので、いつでも使いやすくなる見せる収納にすると整理整頓にも繋がりますよ◎

【場所別】一人暮らしの収納アイデアと便利グッズ

一人暮らしに関わらず、収納のポイントは収納グッズを使うことではありません。ものが「取り出しやすく」「戻しやすい」ことが、何よりも大切なポイントです。収納グッズは、アイテムのゾーン分けやグループ分けに活用するようにしましょう。それでは、場所別の収納アイデアとその場所におすすめの便利グッズをご紹介します。

一人暮らしの収納術|玄関

  • 靴の種類でゾーン分け

玄関は「靴の出し入れのしやすさ」にこだわって、スニーカーやブーツなど、ゾーン分けをしましょう。同じ種類の靴だと形も似ているので無駄なスペースを生まずに収納できます◎ サンダルとブーツは季節ごとに取り出しやすい場所に入れ替えるのもおすすめです。ブーツはブーツキーパーを使うことで形をそろえられますよ。
  • 取り出しやすい&型崩れしない重ねる収納

たくさん靴があるからとそのまま重ねて収納してしまうと形が崩れたり、靴が汚れたり、取り出しにくかったりと使いにくい収納に。
そこでおすすめなのが「透明なシューズケース」。形がそろうのできれいに積み重ねられます。また、中身が一目でわかって、土やほこりが舞うのも防げます。
ほかにも、靴を上下に重ねて1足分のスペースに2足収納できる「シューズホルダー」もおすすめ。省スペースが叶う一人暮らしにうれしいアイテムです。

一人暮らしの収納術|クローゼット

  • スリムなハンガーで収納力UP

服はかさばりやすいアイテムだからこそ、クローゼットに掛けるときはスリムなタイプのハンガーを使うと無駄なスペースを省けます。また滑り止めがついていたり、ゴムなどの素材でできているハンガーだと滑り落ちて収納しなおす手間もなくなりおすすめです!
  • 衣装ケースを取り入れて立てる収納

ハンガーにかけるだけだと入りきらない人がほとんどだと思います。そんなときは衣装ケースや棚をクローゼットの中に入れる方法を。
小林さん

衣装ケースの中に仕切りを置いて立てて収納するようにすると「下にしまった服を忘れ去っていた……!」なんてことも防げますよ。立てて収納することを考えてあまり深さがありすぎない衣装ケースを選ぶといいでしょう。

一人暮らしの収納術|キッチン

一人暮らしのキッチンは狭いことが多いため、調理家電や食器別に収納スペースを工夫することが大切です。
  • シンク下は「高さを活かす収納」を

シンク下やコンロ下の収納スペースは、「出しやすさ」と「デッドスペースをなくすこと」を第一に考えましょう。100円ショップでも購入できるコの字ラックや、伸縮できる棚を使えば上下に空間を分けることができます。
ファイルボックスを活用して、フライパンや蓋などを立てて収納する方法もデッドスペースも減らせる方法です。
  • キッチン小物や調味料は「壁面収納」

お玉やキッチンバサミなどのキッチンツールは壁に吊り下げる収納がおすすめ。冷蔵庫にマグネットや吸盤で取り付けられるフックが100円ショップでも気軽に手に入るので活用しましょう。
また、調味料もマグネット式の収納ケースに入れれば出し入れも掃除もラクになって、収納スペースを増やすことができますよ。
  • もっとものを置きたいときは「キッチンワゴン」を

収納スペースを工夫してもものを置ききれないときは、キッチンワゴンを取り入れるのがおすすめ◎ 炊飯器や電気ケトルなどの小型の調理家電を置いたり、常温保存できる食材を置いておくこともできて一気に収納力がUP!また、上の段が天板付きのキッチンワゴンにすれば、調理スペースとしても活用できるので、狭いキッチンで困っている人はぜひ取り入れてみてください。

一人暮らしの収納術|リビング

リビングは、場所ではなくゾーンで分けるのがポイント。また、すっきりした空間にするために生活感を出さないように隠す収納と見せる収納を組み合わせるのがコツです。おすすめの方法を見てみましょう!
  • 散らかりがちな小物はカゴでまとめて

そのまま置くとごちゃごちゃした印象になる小物は、かごに入れるだけですっきりした印象に。ただ、かごの中が散らかっていたら意味がないので、「リモコンや充電器をまとめるカゴ」のように、ちゃんと入れるものを決めてゾーンごとに分類することを忘れずに!
  • 生活感の出やすい配線はケーブルボックスで隠す収納

テレビやWi-Fiなどの配線コードは床にうねうねと這っていると、生活感が出てしまいます。そんなときは、専用のケーブルボックスに入れるだけで洗練された部屋に。かごなどに入れる方法は熱がこもってしまうこともあるので、専用のアイテムを購入することをおすすめします。
  • 帽子やバッグは壁掛け収納

置いてあってもおしゃれに見えるものは壁にかけて「見せる収納」にしてみましょう。ピクチャーレールやフックが壁についている部屋ならそのまま掛けるだけで、収納スペースが増えてシンプルな白壁を飾ることもできます。
そのほかにも、ウォールラックを使えば壁を傷つけずに収納スペースが広がりますよ!

一人暮らしの収納術|トイレ・浴室・洗面所

トイレや洗面所、浴室などの水回りは掃除しやすいように収納することがポイント!
  • 水回りは浮かす収納が大活躍

シャンプーやリンス、ハンドソープなどのボトルはボトルハンガーで浮かす収納に。接地面が減るのでぬめりを防止できます。
  • 小物は分類わけしてトレーやカゴに

洗面台周りはヘアケア用品、化粧品などばらばらとした小物が多くそろう場所。そのまま置くと雑多な印象になるだけでなく使いにくくなってしまいます。そこで、使う用途ごとに分類してそれぞれトレーなどに収納しておくのがおすすめ! トレーにラベリングしておけば何が入っているかもわかってより使いやすくなりますよ◎

一人暮らしの収納術|ベッド周り

  • コンパクトなベッドサイドテーブルを

一人暮らしにおすすめのベッド周りの収納は、時計や眼鏡などちょっとしたものも置けるスペースをつくる方法。そのため、収納付きのベッドサイドテーブルや、天板付きキッチンワゴンをベッドの横に置くのがおすすめ! ものを置きすぎると掃除がしにくく散らかる原因になるため、コンパクトなサイズを選びましょう。

収納スペースがない場合はどうしたらいい?

クローゼットなどの収納スペースが少ない部屋では、収納家具をどう配置するかがネックになります。空間を圧迫しない収納術をチェックしておきましょう。

服の収納場所に困っている場合

ワンルームでは廊下やクローゼットがなく、洋服をしまうスペースに困ることがあります。その場合、室内にシンプルなハンガーラックを置くことで、インテリアとして服を飾る収納が実現します。 圧迫感を感じないように、ラックの高さは身長よりも低いサイズにするのがおすすめです。もちろん、耐荷重量のチェックも忘れずに!
小林さん

ハンガーがあるとついつい物を掛けすぎてしまいますが、「見せる収納」を意識することで本当に必要な物やステキなアイテムだけを飾りたくなり、衝動買いも防げるようになります。また、ほこりがかぶらないように布をかければ、インテリアのアクセントに◎

デスクや椅子で部屋が埋まってしまった場合

リモートワークやオンライン授業が広まり、デスクや椅子を新たに用意した人も多いのでは。ほかの家具と高さや奥行き、色味をそろえると圧迫感を軽減できて、部屋をすっきりと見せることができますよ♪

玄関が狭く、収納スペースがない場合

玄関などコンパクトな空間には、突っ張り棒や壁面収納を活用した収納術が最適です。玄関であればコートや傘をかけるスペースとしてぴったり◎ 靴を置く場合、箱を積み重ねたり、高い位置に置いたりするのは避けましょう。腰高より下の位置に、お気に入りの靴を飾るイメージで収納できると、自分の気分も高められますよ!

収納アイデアで快適空間をつくろう!

収納スペース不足や、窮屈な感覚に悩まされることが多い一人暮らしの部屋。しかし、「部屋のゾーン分け」や「隠す収納と見せる収納の使い分け」をしたり、収納グッズを活用したりするだけで一人暮らしはもっと快適になります。空間の圧迫感を減らす収納アイデアを取り入れて、居心地のよい部屋づくりをしていきましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

散らかるキッチンから卒業しよう! ごちゃつきやすい消耗品のすっきり収納アイデア

散らかるキッチンから卒業しよう! ごちゃつきやすい消耗品のすっきり収納アイデア

毎日使うからこそ散らかりやすいキッチン。そのなかでもいろいろな種類がある”キッチン消耗品”は溜まりがちですよね。ラップや輪ゴム、洗剤や掃除道具など取り出すたびにイライラしてい...
sakko
2021.07.14
今すぐマネしたい! アイテム別収納アイデア~ビニール編~

今すぐマネしたい! アイテム別収納アイデア~ビニール編~

毎日使う必需品「キッチンの消耗品」がごちゃついて、すっきり収納を諦めていませんか? そのなかでも収納に悩むのが、食品保存やゴミ袋として幅広く使えるビニール類。さまざまなビニー...
sakko
2021.07.14
プチプラでおしゃれ! 心を満たすガーリーなロフト付き1K

プチプラでおしゃれ! 心を満たすガーリーなロフト付き1K

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、6畳1K(ロフト付き)に一人暮らしするrisa_home__さん。高い家具を使わず、見せ方を工夫することでおしゃれな雰囲気...
とりぐら編集部
2021.05.21
はじめての一人暮らしにおすすめ! あると役立つおしゃれな生活便利グッズ

はじめての一人暮らしにおすすめ! あると役立つおしゃれな生活便利グッズ

はじめての一人暮らしを始める前に知っておきたい、便利グッズをご紹介! 狭いキッチンの収納力をアップさせてくれるものや、掃除の手間を減らしてくれるアイテムなど……小さなストレス...
sarami
2021.01.20
一人暮らしの収納力アップ! クローゼット収納に大事な“棚”の取り入れ方

一人暮らしの収納力アップ! クローゼット収納に大事な“棚”の取り入れ方

一人暮らしのクローゼットは決して広くはありません。そんな限られた収納スペースを有効に活用するために注目したいのがクローゼットに棚を設置するという方法。市販の収納グッズを使った...
とりぐら編集部
2020.11.13

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部 とりぐら編集部

注目の特集

ひとりぐらしのはじめかた
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしレシピ