ネット時代の新たな漫画出版のカタチ 出版プラットフォーム『ブクリパ』でスタート

ネット時代の新たな漫画出版のカタチ 出版プラットフォーム『ブクリパ』でスタート

2015/06/04

ニュース&コラム

関連キーワード:

現在様々なメディアが登場し、その有り様が変化し続けていますよね。
今回は、漫画界を盛り上げるサイト『ブクリパ』が6月3日(水)よりスタートさせた新機能、「トキワ荘プロジェクト」を紹介します。


『ブクリパ』は、 プロの漫画家が投稿した漫画の設計図「ネーム」を読んで応援するサイト。
作家が投稿したネーム(漫画原稿)、小説、ビジネス書原稿に読者が投票。その結果、票が一定数を上回れば電子書籍として出版されます。

今回スタートした「トキワ荘プロジェクト」は、プロの漫画家が投稿したネーム原稿を読者投票によって出版決定するもの。

ネームは、セリフやコマ割りなどを配置した漫画の設計図です。漫画を描くにあたっては、作家と編集者のそれぞれがとても重視する工程ですが、一般読者の目には滅多に触れることがないものです。

今回のプロジェクトは、漫画の下書き・ラフ段階であるネームから、私たちがいつも読んでいる完成した漫画作品になるまでを、リアルタイムで応援できるもの。

ネームを漫画編集者だけが見て判断するのではなく、漫画を愛する人たちすべてが参加して、出版すべき漫画であるかどうかを判定していく新しい仕組みを作るサービスなのです。

漫画好きのみなさんはもちろん、出版業界に興味があるみなさんも要チェックです!

▼「トキワ荘プロジェクト」紹介ページ:http://www.bookrepublic.jp/tokiwaso-project
▼漫画ネーム一覧ページ:http://www.bookrepublic.jp/gemstone/list/30

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ