逆境をバネに…! 映画『ビリギャル』観客動員100万人突破!

逆境をバネに…! 映画『ビリギャル』観客動員100万人突破!

2015/05/13

ニュース&コラム

関連キーワード:

逆境をバネに…! 映画『ビリギャル』観客動員100万人突破!

忙しくストレスも溜まりがちな就活シーズン。自分が求めるような結果が出ず、気持ちもふさぎこんでしまうこともあるかもしれません。今回は逆境を乗り越えるためのパワーをくれるコンテンツをご紹介します。


株式会社KADOKAWAアスキー・メディアワークスでは、笑って泣ける感動の実話小説『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(以下『ビリギャル』)を発行、『ビリギャル』のストーリー部分に絞って再編集した[文庫特別版]も角川文庫より発売しています。このたび、『ビリギャル』の単行本と[文庫特別版]の累計発行部数が100万部を突破、映画『ビリギャル』の観客動員も100万人を突破しました(5月11日 公開11日目)。

『ビリギャル』は、高校2年の夏にして学力は小学4年レベル、全国模試の偏差値は30のギャル・さやかちゃんが、塾講師である著者・坪田信貴氏から心理学を駆使した指導を受け、やる気に目覚め、最難関レベルの私立大学である慶應義塾大学に一般入試で現役合格するまでの1年半を綴った実話小説です。所属する高校からたった2名しか慶應に受からなかったその1枠に、元学年ビリのギャルが入ったその奇跡を描いた本作は、2013年12月の発売以来多くの読者の支持を受け、ベストセラーとなっています。

単行本『ビリギャル』を原作とした、有村架純主演の映画『ビリギャル』も、2015年5月1日より全国で公開中。試写会後の調査にて「満足度99.2%」「おすすめ度99.6%」「感涙度95.1%」(4月16日東宝試写会調べ)と好評を博していたとおり、映画公開後も中高生や親世代など幅広い層から感動の声が寄せられ、観客動員は100万人を突破(5月11日 公開11日目)。現在大ヒット上映中です。

精神的に苦しくなってしまった時は「ビリギャル」で、逆境を乗り越えるパワーを養っていてはいかがでしょうか?

『ビリギャル』公式サイト:http://birigal.jp/
映画「ビリギャル」公式サイト:http://birigal-movie.jp/

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ