「大手企業」がすべてではない! 主体的に、自分の「キャリア」を考えよう

「大手企業」がすべてではない! 主体的に、自分の「キャリア」を考えよう

2015/03/06

ニュース&コラム

「大手企業」がすべてではない! 主体的に、自分の「キャリア」を考えよう

「大手企業」と聞いて、どんなイメージをお持ちですか?

人によってもさまざまですよね。安定している、従業員規模が大きい、福利厚生や各種制度が整っている、産休・育休の取得実績がある、CMで商品が有名……、などなど。

「つい、大手企業ばかりエントリーしてしまいます。中小でもよい企業の見つけ方はありますか?」

このような悩みを相談されることがよくあります。

大手企業ばかりにエントリーしてしまう心理としては、「大手企業=良い企業」という認識や、企業名にブランドイメージをもっている場合が多いようです。確かに、その気持ちもわかります。長く働いていきたいからこそ、自分が安心感を持てる会社で働きたいという心情からくるものだと思います。

経済産業省・中小企業庁発行の『2014年版中小企業白書』によると、企業全体に占める中小企業・小規模事業者の割合は、なんと99.7%。日本にある会社のほとんどが中小企業なんです。学生のみなさんにとっては、中小企業と言うと、「会社名を聞いたことがないので躊躇する」「福利厚生を含め、制度が整っていないのでは?」「そもそもどんな会社があるかよく分からない」というイメージがあるかもしれません。

しかし、「知名度」「制度面」「安定性」に惹かれて意思決定しようとする時にこそ考えなくてはいけないのが、「自分が長期的にはどうありたいのか?」ということ。今や、会社や学校、親が自分のキャリアを自然と決めてくれるということはありません。また、「この企業に勤めたからもう安心」ということがないのは、昨今のニュースを見ていれば明らかでしょう。5~10年というスパンで考えてみてもそうですよね。だからこそ、イメージだけの短期的な視野にとらわれないことが大切。キャリアを見据えた長期的な視野を持ち、その企業の「価値」をしっかりと調べてみることが重要なのです。

エントリーする企業を探していく中では、イメージだけで判断せず、まずは立ち止まって、自分の長期的なキャリアについて考えること。自分はどうありたいのか。長期的にかなえていきたいことは何か、しっかり考えてください。環境や他者に依存するのではなく、「主体的」にキャリア形成をしていきましょう。

なお、中小企業の情報収集については、就職サイト以外にも下記を参考にしてみてはいかがでしょうか。

◆新卒応援ハローワーク

学生のみなさん向けの、キャリア支援専門のハローワーク。全国の求人を探すことができるのはもちろん、窓口で就職活動について直接相談することもできます。

◆人材紹介会社

転職というイメージがあるかもしれませんが、新卒採用支援を専門に行っている会社もあります。アドバイザーが自身の強みや志向性を一緒に整理してくれて、企業選びについてのアドバイスも受けることができます。

◆中小企業専門の就職サイト

全国の中小企業の求人が検索できるサイトがあります。また、合同で企業が複数社集まるイベント開催の情報も掲載されています。

◆転職サイト

転職サイトを覗くのも有効。中途採用募集を行っている会社の情報収集をし、興味を持った会社が、新卒の募集があるかを調べてみるのも良いかもしれません。

いかがでしたでしょうか?

会社名や環境、制度に依存しすぎず、自身のキャリアを主体的に考え、後々振り返ったときに後悔しないように、自分らしい企業探しや意思決定をしてくださいね。あなたらしい就活を応援しています。

薬袋恵理(みない えり)
日本キャリア開発協会CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)会員
人材サービス会社にて、人材派遣営業・コーディネーターを経験し、転職。現在は人材サービス会社にて、キャリアアドバイザーとして主に20代~30代の方々の転職支援を行う。
2012年、日本キャリア開発協会CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)取得。https://www.j-cda.jp/

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ