履歴書・エントリシートの誤字脱字の訂正方法は?選考に与える影響や対策まで解説

履歴書・エントリシートの誤字脱字の訂正方法は?選考に与える影響や対策まで解説

2021/07/29

就活の基礎知識

エントリーシートや履歴書を間違えてしまい、対処方法に困っていませんか?

履歴書やエントリーシート(ES)は、あなたの印象が左右されるため、就活の中でも大きな役割を果たします。
大切な書類であるため、誤字脱字や書き損じはしたくないですよね。

ですが、誰しもが必ず完璧に書けるとは限りません。

誤字脱字や書き損じがあったときも、冷静に対応できるようになれば、どのようなハプニングにも困らないでしょう。

そこで本記事では、エントリーシートや履歴書など応募書類の記入ミスに対する対処法や選考への影響度などについて網羅的にご紹介します。

しまった!エントリーシートや履歴書で良くある誤字脱字と書き損じ


せっかく書いたエントリーシートなど応募書類。特に、書類選考では採用担当者とあなたは書面上でしか知り合えません。

文章は人物を表すものだという言葉があるように、書類上の文字がひとつひとつ丁寧に書かれているかどうかであなたの人柄を伝える判断材料になります。

「自分は大丈夫だろう」と思って取り組んだものの、良くあるのが誤字脱字や書き損じによる間違いではないでしょうか。

誤字脱字や書き損じによるエントリーシートや履歴書の間違いの影響は、企業によっては意外と大きいかもしれません。

誤字脱字の影響とは?

どんなに良い内容が書かれたエントリーシートでも、誤字脱字が多いだけで相手をガッカリさせかねません。

熱意がこもっているであろう応募者の文章内容が採用担当者の心にスッと入ってこないだけでなく、「いい加減な人物だ」「熱意が低いから誤字脱字も気にしないのか」などのように受け止められしまうかもしれません。

誤字脱字チェックも怠ってしまうほど、企業への志望度が低いとみなされてしまっては、実際のあなたの人柄がどんなに良くても、面接のチャンスは失われることになります。

手書きエントリーシートに良くある書き損じの影響とは?

手書きのエントリーシートの場合は、特に書き損じが多く発生しがちです。

エントリーシートは企業によってはもらえる枚数が限られてしまいます。

書き損じによってエントリーシートがなくなってしまい、応募できなくなった……という就活生も一定数存在するほど。

それだけ、書き損じも誤字脱字に並んで良くある書き間違いだと言えるでしょう。

【ゼッタイNG】エントリーシートを書き間違えたときにやってはいけないこと

エントリーシートや履歴書は、企業にとっては大切な書類です。

とはいえ、人間誰しも完ぺきではありませんので、誰しも間違いはしてしまうもの。

どんなに気を付けていても、誰でも誤字脱字や書き損じしてしまう可能性はあります。

しかし、安易に修正してはいけないのがエントリーシートや履歴書です。

絶対にやってはいけない修正方法を知っておきましょう。

1)修正液や修正テープを使う

学校の授業などで書き間違いがあった場合、多くの人は迷わず修正液や修正テープを使うでしょう。

しかし、エントリーシートや履歴書など就職活動に関する書類については、修正液や修正テープを使う修正方法は避けたほうが無難です

企業にとってのエントリーシートや履歴書などの応募書類は、あなたの住所や学歴も掲載されています。

そのため、個人情報が掲載される正式な書類あるいは応募者の身分証明書として社内で扱われています。

身分証明書の役割を果たす正式な書類に、簡単に修正液や修正テープで直してしまったら、企業の人たちはどう感じるでしょうか?

あなた自身の経歴そのものだけでなく、入社後も書類を平気で改ざんする人物なのではないかと疑われかねません。

2)間違える前提で消せるボールペンを使う

最近では、シャープペンシルのように消せるボールペンが主流になってきていますよね。

授業では大変便利な消せるボールペンも、企業の応募書類を書くにあたってはふさわしくありません。

消せるボールペンが消せる仕組みは、摩擦により生じる熱にあります。

60度以上の熱が発生することにより、消せるボールペンの顔料が消えるという仕組みなのです。

エントリーシートや履歴書などは、社内でコピーされることも良くあります。

コピーの際に生じる熱によってインクが熱反応を起こし、消えてしまったことで誤字脱字と解釈されてもおかしくないのです。

企業側でも消せるボールペンを使わないようアナウンスしている場合があるほどですから、楽だからと言って決して使ってはいけません。

3)ぐしゃぐしゃと消してしまう

慌ててしまい、ペンでぐしゃぐしゃと文字を消してしまうのはもってのほかです。

もし、その下に他の応募書類があった場合は、筆圧が別の用紙に写ってしまう可能性があります。

エントリーシートを間違えた!ケース別の訂正方法

エントリーシートや履歴書などといった就活の応募書類は、企業とあなたを結ぶ書類です。

誤字脱字や書き損じしてしまった際に正しい対処をすることにより、あなた自身も冷静になれるでしょうし、企業への悪い印象も少なく済むでしょう。

企業としても、修正跡がある書類よりも修正箇所のない書類のほうが、好印象になる場合もあります。

ここで、書きなおせる場合の対処法と訂正しなければならない場合それぞれの対処法を考えてみましょう。

エントリーシートに予備がある場合や書き直せる場合は?

誤字脱字や書き損じしてしまったときの対処法でベストなのは書き直す方法です。

エントリーシートが印刷できる状態あるいは複数枚所持している場合は、新しく書き直すようにしましょう。

企業によっては、エントリーシートが1枚しかない場合もあります。

取り返しのつかないことになってしまわないためにも、エントリーシートを入手したらあらかじめ必ず数枚コピーしておき、失敗しても新しい用紙に書き直せるよう準備しておきましょう。

エントリーシートが1枚しかない場合は?

企業側から用紙を指定されている場合、書類提出期限に余裕があれば、まずは企業にメールでエントリーシートの予備をもらえないか相談してみましょう。

企業によっては、メールのPDFなどで書類を用意してくれるかもしれません。以下に企業に対するメールの例文をご紹介しますので、参考にしてみてください。

会社説明会などでもらった応募書類を再度もらえないか確認するメールの例文

黙ってやり過ごす応募者よりも、正直に間違えてしまったこと、書き損じてしまったことを連絡する応募者のほうが、企業側から見ても誠実な人物だと捉えられるでしょう。

どうしてもエントリーシートの予備が入手できない場合

どうしても書き直しができなかったり、予備の配布を断られてしまったり、コピーNGのときなどやむを得ない場合は、二重線と訂正印の組み合わせで修正します。

訂正箇所は必要最低限にして、できるだけきれいに違和感がないよう訂正することが大切です。

訂正する場合は、間違えた文字を定規で真っすぐ二重線で消し、その上またはすぐ側に、あなたの印鑑を押して訂正扱いにしましょう。

二重線と訂正印による訂正は何箇所まで許される?

二重線と訂正印による訂正は、エントリーシートの場合おおよそ1~3箇所であれば企業の採用担当者にとって問題にならない場合が多いようです。

しかし、この方法は最終手段です。

訂正印を押しても良いからと言って間違えすぎてしまうと、訂正が他の文字に被ってしまい、かえって担当者が読みづらいということになりかねません。

訂正印はシャチハタではダメなの?

シャチハタしか持っていないという人もいることでしょう。訂正印においてシャチハタを使うことは基本的にマナー違反です。

印鑑は入社して仕事を始めてからも訂正印だけでなく様々な場面で使います。

就活の機会に、ちゃんとした印鑑を用意しておくのもおすすめです。

エントリーシートで誤字脱字・書き損じしないためにやっておきたいこと

誤字脱字をしないようにする、という姿勢を持ってエントリーシート作成に臨むのが最も重要なことですが、間違いは必ず起こるものです。

そこで、エントリーシートや履歴書などといった応募書類を入手したら必ずやっておきたいことをまとめました。

エントリーシートや履歴書は複数コピーを取っておく

誤字脱字や書き損じを想定して、エントリーシートの原本は必ずコピーを取っておくようにしましょう。

複数枚あることで、下書きやエントリーシートを書く練習にも使えます。

ただし、企業によってはコピー不可としている場合もあります。コピーを取って良いかどうかは会社説明会などで遠慮なく採用担当者へ聞いてみましょう。

エントリーシートは必ず下書きする

いきなりボールペンで書かずに、えんぴつやシャープペンシルで一度下書きしてから清書することもおすすめです。

えんぴつやシャープペンシルで下書きしておけば、間違えた場合も後から書き直すということも減ります。

さらに、エントリーシートの中でバランス良く文字を記入するのにも役立ちます。

筆圧が強い人は、芯の柔らかいえんぴつやシャープペンシルの芯を使えば、紙に文字の後が残りづらくなるのでおすすめです。


まとめ

誰にとっても、せっかく一生懸命書いたエントリーシートを1から書き直すのは大変なことです。

企業への提出までの時間がなく、短時間で仕上げなくてはならない状況になると、急いで記入するため間違いが起こりやすくなります。 

些細なミスを防止するためにも、エントリーシートや履歴書など応募書類の記入には十分時間を取れるよう、きちんとスケジュールを考えておくことも大切です。

それでも間違えてしまったときには、慌てずに冷静に対処しましょう。

誠意を持って企業へ相談したり、正しく誤字脱字を訂正したりすれば、エントリーシートをチェックする企業にもあなたの誠意が伝わるのではないでしょうか。

(マイナビ学生の窓口編集部)

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ