企業研究シートのまとめ方は? 就活中の知識の底上げに活用しよう!

企業研究シートのまとめ方は? 就活中の知識の底上げに活用しよう!

2018/07/26

就活の悩み・疑問

企業研究シートは、特定の企業に絞っている人にとっても、就活を行う上での知識の底上げや自己PR作成の材料探しに役立つものです。そこで今回は、企業研究で用いられる「企業研究シート」についてご紹介します。

企業研究シート

企業研究シートとは?

企業研究シートは、「企業研究を行う際に重要なデータを一つにまとめることのできるシート」のことです。就活サイトや大学が就活生のために配布しており、就活生なら誰でも活用することができます。

企業研究シートのフォーマットは一定ではありませんが、その項目は主に以下のようになっています。

●企業名
●代表者名
●創業年
●売上高
●企業所在地・連絡先
●経営理念
●主力事業
●求める人材像
●募集条件
●顧客
●事業範囲
●社風


このほか、「株式区分」「同業他社」などの項目が設けられていることもあります。 これらの項目を埋めていくことで、企業の基本情報や特徴、企業の現状などを把握することができます。

企業研究シートをまとめるコツは?

企業研究シートは設けられた項目をただ埋めていくのではなく、自分なりに気になった企業情報を盛り込みながらまとめていきましょう。

例えば、

●企業名
●代表者名
●創業年
●売上高
●企業所在地・連絡先


といった基本情報の欄も、企業名の変遷や歴代の代表者名、また創業年も創業した年、現在の社名になった年など、その企業にまつわる情報をできるだけ多く盛り込みます。そうすることで、企業への理解が深まりやすくなります。

また「数字のデータ」はその企業を最も客観的に示す要素です。CSR報告書などを見て、記入しておくことも大切です。

他にも、

●経営理念
●社風


に関しても、ただホームページに記載されていることを写すのではなく、説明会で担当者から聞いた言葉や、OB・OG訪問で先輩たちから聞いた情報などを書き込みましょう。その上で、ホームページに書かれている社風と比べてみるのも面白いですね。

記入する項目が少ない企業研究シートの場合は、自分が必要と感じた項目の記入欄を設けてアレンジしましょう。業界内でシェアは何位なのか、同業他社と比べてどういった強み・弱みがあるのかといった「同業他社との比較」を盛り込んだり、その企業に関する直近のトピックスも書き留めておきたいですね。

メモ欄を設けている就活シートでは、とにかくそのスペースを有効に使って、自分が研究した内容を記入しましょう。「企業のホームページから感じたこと」や「その会社に質問したいこと」などでもOKです。

企業研究シートは定められたフォーマットにとらわれず、自分の研究した結果、また気になることを余すところなく書きましょう。

作成した企業研究シートは、就活ノートにまとめておくと、他の資料と併せて見たりできます。『マイナビ学生の窓口』では特製の「テンプレートシート」を公開しているので、ぜひ活用してみてください。

▼就活ノート「就活完全攻略テンプレ」
https://gakumado.mynavi.jp/style/articles/52012

(中田ボンベ@dcp)

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ