【人事部長が実践】自己分析で大切な「過去の自分を掘り起こす」作業【企業サイドから見る「自己分析」23】

【人事部長が実践】自己分析で大切な「過去の自分を掘り起こす」作業【企業サイドから見る「自己分析」23】

2015/05/20

企業研究

自己分析

今回は自己分析をするうえで重要な「過去の自分を掘り起こす」という作業を、私を題材にやってみようと思います。

現在を起点に過去を洗い出しすという順番もありますが、私は過去から徐々に洗い出していきます。

些細なことでも構わないので、頭に浮かんだことを書き出すのが大切です。これが自己分析の大事なツールになります。


■小学校時代

私は島根県で生まれ育ちました。島根県は、日本でも1、2を争うくらいマイナーな県です。しかもその島根県でも西よりの、江津市という小さな町が私の出身地です。

実家の自分の部屋は2階にあり、ベランダからは日本海が見えました。でも後ろを振り返ると山。そんな環境下で10代を過ごしました。私の価値観や精神は、ここから根付いたものがたくさんあります。

子供の頃は、昆虫や魚が大好きで、夏休みの自由研究は昆虫採集。魚も沼や小川で採ってきては、水槽に入れて飼う。水槽の中をいつまで見ていても飽きませんでした。夢はファーブルを超えることでしたね。

親からは、子供の頃からずっと「高校は、隣の市の県立の理数科に入って、大学は東京の理系の国立大に行きなさい」と言われていて、そういう進路になるんだろうと半ば洗脳されて、それが普通だと思ってました。

小学校の頃は、学級委員を1学期に必ずやっていました。生徒会も副会長でした。だからという訳ではないでしょうが、クラスではリーダー的存在というか、言動に影響力がある一人だったと思います。

また、 責任感や正義感もあったほうだと思います。

やらなきゃいけないことは自分がやる、悲しんでいる友達を見ると気になって仕方ない、といった感覚でした。

また、当時流行した言葉でいうと「ひょうきん」な性格だったし、友達も比較的多かったので、毎日遊ぶ友達には事欠かなかったです。

低学年の頃は、野球や釣りなどアウトドア派だったけれども、高学年になると、スーパーカー消しゴムで遊んだり、あとは、TVゲームが台頭してきた時期で、次第にインドア派になっていきます。

任天堂のファミコンは、確か私が6年生の時に発売でした。

私は、 良く言うと「友達の喜ぶ笑顔が見たい!」という意識があって、ゲームや漫画本も、気軽に貸してあげるようなところがありました。スーパーカー消しゴムも、気前良く友達にあげたりしていました。

外面(そとづら)も良かったので、友達の親にも、受けは良かったです。

でも 悪く言うと「嫌われて、仲間はずれにされたくない!」という、被害妄想が常にあって、その強迫観念が、気前よい行動に出ていたんでしょう。

私は、昔からウジウジと引きずる性格で、対人関係では、典型的マイナス思考なところがあります。

友達は、自分のことを悪く言ってるんじゃないだろうか……? 嫌われてるんじゃないだろうか……?

とか。

これは 大人になった今でもある、私の本質です。私の心の底流には、常に流れている思想です。神経質なんですね、基本的に。

そのくせ、自分の思い通りいかないと、すぐにムカついて、回りに気を使わせてしまう 自己中な子供でした。

勉強はそこそこ出来ましたが、一生懸命頑張ってる自分を他人に見せるのがイヤで、学校では授業中とかも、いつも悪ふざけしてました。

先生の評価は真っ二つに分かれていたと、後に母親から言われました。「いい子ですね」といってくれる先生と「ちょっとどうですかねえ?」という先生で評価は真っ二つ。

これは 私の本質である「神経質でマイナス思考の要素」と「他人に余裕ある姿を見せたい」という、いやらしい意識がぶつかってしまい、印象にズレが出たのだと思います。

今でもそうですが、昔からものの言い方は、尖ってるとか、威張ってるとか、生意気とかって言われます。でもそれは マイナス思考の裏返しです。

それと、学級委員とか生徒会っていうのは、結構生徒の前で司会をしたり話をする機会があったりしますね。だから私は子供の頃から人前で話すことに慣れています。

小学校時代の家庭環境を書くと、私は、典型的な「おばあちゃん子」でした。父親も母親も、ともに自営業者。父親は設計士で、母親は喫茶店経営。よって家のことは、母方のおばあちゃん任せでしたね。

このおばあちゃん子だったというのは、実は私の人生観にとって、重要なファクターです。 甘えん坊のわがままっ子でした。今でも同じです。

次のページ中学校時代

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ