就活生が「企業研究不足」を痛感して後悔した経験8選

就活生が「企業研究不足」を痛感して後悔した経験8選

2017/05/03

企業研究

就活の面接などでは、その会社の製品についての感想や社長の名前などきちんと企業のことを知らなければ答えられない質問をされることもあります。そんなときは、もっと企業研究をしておけばよかった……と後悔してしまうかも。そこで今回、就活経験者に企業研究不足を後悔した経験について聞いてみました。

▼こちらもチェック!
就活で「ちゃんと企業研究しとけばよかった」と後悔した瞬間4つ「社長の名前は?」

■就活の面接や説明会などで「もっと企業研究をしっかりしておけばよかった」と後悔した経験を教えてください。

●面接で質問されたことにうまく答えられなかった

・逆質問で的外れなことを質問してしまったこと。イメージがいい会社だと思っただけで面接を受けてしまったから、何を話せばいいかわからなくなってしまった(男性/23歳/大学4年生)
・他社と比べて問題点を聞かれたとき。分析が足りなかったから(女性/22歳/その他)
・その業界の今後の展望を聞かれたときに詰まってしまったこと。我が社は今後どう成長していけばいいかといった質問をされてうまく言えなかった(女性/22歳/その他)
・うちで何がやりたいですか? と聞かれて、わからなくて言えなかった(女性/25歳/その他)

●商品について聞かれたとき

・興味のある商品を聞かれてドキッとした。うまく答えられなかったから(女性/24歳/大学院生)
・会社の新商品や新サービスをご存知ですか? と聞かれたときにあまり答えられなかった。その会社の安定性や業績で選んだのでサービスなどの詳しい質問をされたとき焦ってしまったから(女性/22歳/その他)
・好きな商品を聞かれてあまり思い浮かばなかったこと。とりあえず受けておこうと思って、あまり考えていなかった(女性/24歳/その他)
・作っている商品名といいところを述べてくださいと言われたとき。実際にどんな商品があるか詳しく知らなかったから(女性/22歳/その他)

●会社の基本情報を答えられなかった

・企業理念を答えられなかったこと。基本情報だったので、調べてればわかることだったから(女性/22歳/大学4年生)
・従業員数や資本金を聞かれてわからなかった。どうでもいいと思って覚えていなかったから(女性/22歳/その他)
・事業内容がわからなかった(男性/22歳/その他)
・社長の名前を言えなかったこと(男性/22歳/その他)

次のページ志望動機も曖昧に……

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ