広告代理店の仕事内容は? 就活生なら知っておきたい基礎知識

広告代理店の仕事内容は? 就活生なら知っておきたい基礎知識

2017/03/15

就活hack

広告・宣伝にまつわる仕事を行うのが「広告代理店」です。「テレビCMなどに関わる華やかな仕事」といったイメージがあるかもしれませんが、そういった部分はごく一部で、実はコツコツとし仕事の積み重ねがほとんどだったりします。今回は意外と知られていない広告代理店の仕事内容についてご紹介します。

▼こちらもチェック!
長所・短所診断! 就活の自己PRに使えるアドバイスつき

■広告代理店の仕事内容は「メディアの枠に広告を付ける」のが基本の仕事

広告代理店の仕事内容の第一は「メディアに設けられた広告枠に広告を入れること」です。テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・ネットなど、広告枠がある全てのメディアが対象です。そのメディアを持っている企業にも広告営業の担当者がいますが、自社メディアに広告を出してもらうために広告代理店と一緒に営業をするケースが多いです。

クライアントに広告を出してもらうことを、営業マンの間では「出広(しゅっこう)してもらう」なんて言いますが、そのためには地道な営業活動が大事になります。提案書を作成してクライアントを訪問するのを繰り返すのです。

また、広告原稿・素材の制作自体に関わることも少なくありません。クライアント自体が広告原稿・素材を制作することもありますが、それを制作できる部署を内部に持っている企業はあまりありませんから、結局外部に発注することになります。それなら「それも込み」で広告代理店に任せた方がいい、というわけです。

大きな広告代理店になればなるほど、広告・宣伝に関わるさまざまな部署があります。メディアに合わせて営業する部署はもちろんのこと、「クリエーティブ」と呼ばれる、広告・宣伝の原稿・素材を企画・制作する部署もあるのです。

クリエーティブもまた華やかに見えて非常に変な仕事です。クライアントを納得させるプランの立案のために何度も試作を繰り返さなければなりません。たいていの場合、クライアントの要望は果てしないもの。それに締め切りまでに応えるのは容易なことではないのです。

次のページ仕事内容以外にも知っておきたい広告代理店の基礎知識

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ