リクルーター面談とは? 聞いておきたい質問や服装マナーと対策を知ろう

リクルーター面談とは? 聞いておきたい質問や服装マナーと対策を知ろう

2018/01/15

就活の身だしなみ

就活マナー

面接

リクルーター面談とは? 聞いておきたい質問や服装マナーと対策を知ろう

就活を行っていると「リクルーター面談」というものに参加することがあるでしょう。カフェや喫茶店などフランクな場で実施されることが多いのですが、これは選考に関わるものですので、しっかり対策を取っておきたいところですね。今回は「リクルーター面談」の中身とその対策をご紹介します。リクルーター面談で聞くべき質問や服装のマナーを知りましょう。

▼こちらもチェック!
就活でリクルーター面談を経験した人は約3割! 「企業から接触してきた」

■そもそも「リクルーター面談」とは

「リクルーター面談」とは「企業の依頼を受けたリクルーター(社員の場合もあり)が候補の学生をフランクな場で学生と対面し、優秀な学生を絞り込むための面談」です。リクルーターは学生が通っている大学のOBであることが多く、一般的な採用面接とは異なり、学生の人間性や志望度の高さを見る狙いがあります。
金融系・インフラ系といった企業が行うことが多く、また候補者の呼び出しに当たっては「懇親会」「OB訪問」といった名目が使われることも。普通の面接のような企業の会議室で行われるのではなく、カフェや喫茶店などでお茶を飲みながら1~3人の学生プラスリクルーターが会合を持つ、といったスタイルなのが特徴です。レストランで昼食を取りながらといった場合もあります。

同じ大学の先輩であり、面談場所もカフェなどが多いことからついつい気が抜けてしまうかもしれませんが、リクルーター面談でも注意すべき点がいくつかあります。次は、リクルーター面談で気をつけたいマナーや服装について解説します。

■「リクルーター面談」で注意すべき点は?

リクルーター面談は一次面接や二次面接の代わりとなる場合も多いため、そこに呼ばれることは優秀な応募者に選ばれた可能性が高いです。また、ただのOB訪問が企業による選考と直結していないことが多いのに対して、リクルーター面談は選考をかねていることも。また、エントリー後や説明会後に連絡が来ることが多いので、名目が「OB訪問」であっても十分に注意しなければなりません。まとめてみますと、

・リクルーター面談は面接と思って気を引き締めて受ける
・面談場所は会社ではないがフランクに考えない
・マナー・服装に気を配ること

といった点がポイントです。次に、実際にリクルーター面談を行う際に聞いておきたい質問について、就活経験者のみなさんの意見からまとめてみました。

次のページリクルーター面談で聞くべき質問は?

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ